Skip to content


2号機核分裂で東電・保安院「大規模な臨界状態ではない」via msn.産経ニュース

福島第1原発2号機で核分裂が起きている可能性があることが判明した2日、東京電力と経済産業省原子力安全・保安院はそれぞれ緊急の記者会見を開き、「冷温停止に影響はない」「深刻な事態ではない」と事態の沈静化に躍起となった。

東京・内幸町の東電本店では松本純一原子力・立地本部長代理が午前10時20分から担当者らを伴って会見。「核分裂反応が起こることは燃料の状況からみて 十分あり得ると思っていた」と、これまでの会見と同様に、表情を一切変えることなく説明。核分裂の規模を尋ねられると「大規模な臨界状態ではない」と何度 も強調した。

続きは2号機核分裂で東電・保安院「大規模な臨界状態ではない」

◇ 当サイト既出関連記事:

Tepco Detects Possible Nuclear Fission via Bloomberg News

2号機原子炉にホウ酸水注入=核分裂の可能性で-福島第1 via 時事ドットコム

Posted in *English, *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.