Skip to content


飯舘村 今の役場での業務終える via NHK

原発事故の影響で計画的避難区域に指定され、役場機能が福島市に移転する福島県飯舘村では、21日、今の役場での業務を終えました。菅野典雄村長は役場で行われた最後の会議で「この悔しさをエネルギーに変えて、一日も早く村に戻ってくることができるよう頑張りたい」と述べました。

飯舘村では、役場機能を18キロほど離れた福島市役所の飯野支所に移転させ、22日から業務を始めることになっています。役場では一日を通して引っ越し作業が行われ、村長室からも書類やパソコンなどが運び出されていました。そして、移転前の最後の災害対策本部の会議が開かれ、菅野典雄村長があいさつをしました。この中で菅野村長は「なぜこんなことになったのか、原発が憎らしくてしかたがありませんが、これが現実です。この悔しさや腹立たしさを別のエネルギーに変えて、一日も早く村に戻ってくることができるよう、皆さんと一緒に頑張りたい」と決意を述べました。役場では、21日、ほとんどの引っ越し作業を終えましたが、村には特別に操業を認められている事業所があることなどから、今後も今の庁舎に5人の職員を置き、住民票の発行など一部の業務を引き続き行うことにしています。

飯舘村 今の役場での業務終える

Posted in *日本語.

Tagged with , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. norma field says

    残る5人の職員さんはいかにして選ばれたのでしょう。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.