『一時帰宅、自治体が予行演習 防護服で警戒区域へ』 via 47ニュース

 福島第1原発20キロ圏内の警戒区域を抱える市町村の担当者ら約50人が3日、近く実施される住民の一時帰宅を前に、同原発がある福島県大熊町で予行演習を行った。政府の現地対策本部は、本番で障害となるような問題はなかったとの認識を示したが、参加者からは「放射線防護服など装備が大変で、作業がつらい」との意見が相次いだ。

続きは『一時帰宅、自治体が予行演習 防護服で警戒区域へ』から。

This entry was posted in *日本語 and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.