Skip to content


『子ども、妊婦、高齢者を優先避難へ 県が方針』 via 福島民友ニュース

 県災害対策本部は12日、枝野官房長官が11日に20キロ圏外の計画的避難区域、緊急時避難準備区域の新たな避難手法を発表したことを受け、区域内住民の避難の進め方について検討を始めた。災害弱者といわれる子どもや妊婦、高齢者ら施設入居者を優先して避難させる方針。また両区域には勤務や用務などで往来できるため、近接する市町村を受け入れ先とする見込み。

続きは『子ども、妊婦、高齢者を優先避難へ 県が方針』から。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.