Skip to content


『反原発のキャンドル・ジュン、意外な言葉「原発を推進した人を責めないでください」東京電力の職員を思いやる』 via エキサイトニュース

 恵比寿リキッドルームで行われたLOVE FOR NIPPON救援物資を募るアコースティックCandle Nightのエンディングで、Candle JUNE(キャンドル・ジュン)が、長年反対運動を続けてきた原発への想いを語った。

 あまり知られていないことだが、Candle JUNEはこれまで反原発の活動に積極的に取り組んできたアーティストだ。放射能やエネルギー産業についての真実をドキュメンタリー映像で報告し続ける鎌仲ひとみ監督が、原子力発電所の使用済み核燃料からプルトニウムを取り出す再処理工場が建てられた青森・六ヶ所村の住民に密着したドキュメンタリー映画『六ヶ所村ラプソディー』を発表した際、六ヶ所村の運動を紹介する、「6(シックス)ペーパー」というフリーペーパーを発行したのもCandle JUNEだった。

 反原発……と言うと、彼からどんな過激な言葉がでたのだろう……と思われるかもしれないが、彼の口から出たのは、「原発を推進した人たちを、電力会社の方々を、どうか責めないでください。今、東京電力の人たちは、放射能濃度が高い過酷な現場で、寝る暇もなく戦っています。一晩眠らなかっただけでも、人は思考回路がぼやけてしまうというのに、そんな過酷な状況の中で戦っているんです。だからどうか彼らを責めないでください」という言葉だった。

続きは『反原発のキャンドル・ジュン、意外な言葉「原発を推進した人を責めないでください」東京電力の職員を思いやる』から。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.