Skip to content


『国内 / 政治 / 菅首相の官僚外しと原発危機対策』 via The Wall Street Journal

 災害基本法に基づいて設置された災害対策本部があるにもかかわらず、菅首相は、同原発の事業者である東京電力(東電)への対応に新たな緊急対策機関を併設したのだ。

 3月11日の地震と津波以降にとった一連の措置を通じ、菅首相は、過去数十年にわたってキャリア官僚が政策策定を主導してきた日本で、国を統治する新たな方法を事実上試運転しているといえよう。

続きは『国内 / 政治 / 菅首相の官僚外しと原発危機対策』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yutakarlson says

    【ウォールストリート・ジャーナル】菅首相の官僚外しと原発危機対策―【私の論評】アメリカは菅政権をどう見ているのかがわかる?

    こんにちは。ウォールストリート・ジャーナルは、アメリカの有力紙の一つです。アメリカの特に有力紙は、記事を掲載するにしても、立場がはっきりしています。それは、アメリカの国益を優先するという姿勢です。これは、日本の大多数の新聞にはないことです。その前提で、アメリカの新聞など読んでいると、かえって日本のことが良くわかります。最近でも、WSJは、菅首相に対する批判の記事を掲載してます。これを読むと、アメリカの菅首相や民主党政権への見方が良くわかります。もう、戦後60年を経て、アメリカですら、日本に対する見方は大きく変わりつつあります。これに対して、ほとんど変わっていないのは、日本自体ではないかと思います。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.