Skip to content


福島県双葉町で300年続く「冨沢酒造店」、伝統の地酒復活を賭け 米・シアトル移住を決断 名酒「白冨士」復活プロジェクト via 産経新聞

株式会社JGマーケティング(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐藤大吾)は、クラウドファンディング プラットフォーム「ShootingStar(シューティングスター)」にて、福島県双葉町で300年続く伝統の地酒「白富士」(しらふじ)を復活させるため、アメリカ・シアトルに昔ながらの手作業の酒蔵を建てる資金の募集を2014年4月12日(土)より開始致しました。

 「白冨士」は、福島県双葉町で300年以上続く酒蔵である冨沢酒造店が代々作り続けてきた伝統の地酒です。阿武隈山地の伏流水を仕込み水として使い、代々の杜氏が全工程を手作業で仕込んだ「白冨士」は、米の甘みが感じられる酒として長年人々に愛されてきました。しかし、2011年3月12日、数キロ先の福島第一原発で水素爆発が起きて以来、酒蔵からの避難を余儀なくされています。

全文を読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.