Skip to content


北朝鮮の核施設に放射能漏れの危険、米シンクタンク via livedoor news

【AFP=時事】米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)のシンクタンク、米韓研究所(US-Korea Institute)は7日、北朝鮮の主要核関連施設に、事故が起きた場合に放射能漏れにつながる恐れのある水供給システムの問題があるようだと発表し た。

最近の衛星写真を分析した結果、寧辺(Yongbyon)にある核施設が、昨年夏の豪雨と洪水の影響で安定した水供給が困難になっ ているとみられることが分かったという。この問題は特に、同施設の近くに建設され、完成が近いとされている北朝鮮初の軽水炉を危険にさらすものだとされ る。

アナリストのニック・ハンセン(Nick Hansen)氏は同研究所のブログ「38ノース(38 North)」で、北朝鮮は軽水炉の運用経験がなく、「炉の冷却に使われる水の急速な減少は、安全上の深刻な問題を引き起こしかねない」と指摘している。

続きは北朝鮮の核施設に放射能漏れの危険、米シンクタンク

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    確かに懸念ではありますが、北朝鮮だから、というわけではないでしょう。どこの国も核に関しての隠蔽、情報操作は深刻です。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.