Skip to content


かつて脱原発をツイートした鈴木杏、震災後に自分の中で起きた変化、今を生きる大切さ語る via シネマトゥデイ

28日、東日本大震災以降の福島県の現実を描いた映画『FUKUSHIMA DAY』の上映後トークショーに、ゲストとして女優の鈴木杏が登壇し、桜井亜美監督と語る中、震災以降に自分の中に起きた気持ちの変化を語った。『FUKUSHIMA DAY』は震災後の福島県を舞台に、放射能問題に揺れる人々を描いたヒューマンドラマ。放射性物質の拡散などさまざまな問題を抱える中で、それでも福島で生活していく人々を映し出す。

続きはかつて脱原発をツイートした鈴木杏、震災後に自分の中で起きた変化、今を生きる大切さ語る

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    記事の内容は(敢えて?)原発の是非に触れず、『震災婚」だとかになってしまっているのが残念ですが、こういう映画がある、という情報として掲載しました。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.