福島・大熊町長、全域「帰還困難」政府に要請へ via 日本経済新聞

福島第1原発事故による避難区域再編で、福島県大熊町の渡辺利綱町長は28日、警戒区域となっている町全域を「帰還困難区域」に移行するよう政府に求める考えを明らかにした。福島県の避難自治体で、全域の帰還困難区域移行に言及したのは初めて。

政府は警戒区域などを被曝(ひばく)線量に応じて帰還困難などの3区域に再編する予定。町が複数の新区域を抱え、賠償面で住民の間に差が出るのを回避したいという。

続きは福島・大熊町長、全域「帰還困難」政府に要請へ

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.