Skip to content


『微量放射能含む空気、放出へ=1号機原子炉建屋から―浄化作業終了時・福島第1 』 via Yahoo! ニュース(時事通信)

 福島第1原発事故で、東京電力は7日、1号機原子炉建屋内の空気中の放射性物質濃度を下げる浄化作業が8日午後に終わるとの見通しを示した。終了時には1階のタービン建屋との間の二重扉を開放するため、外の空気が原子炉建屋に流入して上方へ吹き抜けるようになる。微量の放射性物質を含む空気が大気中に放出されるため、東電は経済産業省原子力安全・保安院の了承を得てから扉を開放する。

続きは『微量放射能含む空気、放出へ=1号機原子炉建屋から―浄化作業終了時・福島第1 』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.