Skip to content


黒い雨訴訟の原告「首相談話、根本的解決策にならない」 via 朝日新聞

広島原爆の投下直後に降った「黒い雨」をめぐる訴訟で、菅義偉首相が上告を見送り、幅広い人に被爆者健康手帳を交付する、とする首相談話を出した。厚生労働省や関係自治体は今後、首相談話を踏まえ、原告と同じ状況に置かれた人びとに救済を広げる作業を急ぐことになるが、救済の指針など国と関係自治体でこれから調整して決める課題もあり、迅速な救済につながるかは不透明だ。

[…]

広島県湯崎英彦知事は27日、首相談話について「すべての黒い雨を受けた方々を救済する内容で、ありがたい」と記者団に語った。県や広島市黒い雨が降ったと推計する範囲で生存する約1万3千人が救済対象になるべきだとの認識を示し、「県と市と国でエリアをどうするか決める」と述べた。

厚労省は、被爆者援護法上の被爆者の要件の一つである「身体に原子爆弾放射能の影響を受けるような事情の下にあった者」に当たるかどうかを一人ひとり、個別に判断していくことを想定する。その前提として、関係自治体とともに、被爆者に当たるかどうかの指針の見直し作業が必要だという。首相談話は「早急に対応を検討する」としているが、田村憲久厚労相は27日、「いつごろといっても我が方だけの話ではない。これから自治体と相談する」と語り、救済の時期を示さなかった。

 指針の見直しには同じ被爆地で黒い雨が降った長崎からも長崎県・市が参加する。ただ、厚労省の担当者は「一義的には広島の黒い雨での対応で、長崎は少し別の問題になる」と語り、広島と同じように救済を広げることに慎重な姿勢を示す。菅義偉首相も27日、記者団に「長崎については、その後の裁判等の行方も見守っていきたい」と述べた。

 首相談話に対し、地元・広島からは批判が出ている。談話では、高裁判決が黒い雨放射能に汚染された飲食物の摂取などによる内部被曝の健康影響を広く認めたことに、政府として容認しない姿勢を鮮明にした。高裁判決の影響が広く及ぶことを避けたい考えが見え隠れする。

[…]

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


5 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. scarletshoto says

    nice
    thank you for this article

  2. ZEE says

    Latest Jobs in Pakistan where one can find new upcoming career opportunities 2022 from all top companies in Pakistan including multinational, private, government, NGO’s, overseas and others. Jobs pk is Pakistan’s top job search website where job seekers can get access to latest job opportunities of July 2021, July 2021 and May 2021 from top employers in Pakistan, newspapers, classifieds, job boards & company career pages.

  3. freeactivationkeys says

    Wonderful submit, very informative. I ponder why the opposite experts of this sector do not realize this.
    You should proceed your writing. I am sure,
    you have a great readers’ base already!
    diskgenius professional crack



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.