Skip to content


「東電撤退を」3分の1超柏崎刈羽原発 新潟県議アンケート via 新潟日報

 東京電力柏崎刈羽原発の再稼働問題に関し、新潟県議会の3分の1を超える19人の県議が東電は同原発から撤退すべきだと考えていることが、18日までに新潟日報社が実施したアンケート調査で分かった。2007年7月の中越沖地震での被災や、11年の福島第1原発事故を経てもなお、核物質防護体制の不備などの問題を繰り返す東電に対し、県議会が強い不信感を抱いていることが改めて浮き彫りになった。

[…]

東電とは比較的良好な関係を築いてきた県議会最大会派、自民党県議団からも厳しい意見が複数上がった。県議団幹事長の小野峯生氏は、再稼働の是非を巡る議論では、東電とは別の原子力事業者ならどうかも論点とする余地があるとの見方を示した。

 一方、原発の必要性については、自民を中心に「必要」が最多の20人に上ったが、「必要ない」も18人で拮抗(きっこう)した=グラフ(2)参照=。

 アンケートでは、東電が再稼働に当たって、県内のどの範囲の自治体に「地元同意」を得るべきかについても尋ねた。

 最多は、現行で対象とされている「県と柏崎市、刈羽村」の26人。ただ、県内全市町村などに対象を広げる必要があるとみる意見も計22人と多かった。

全文

Posted in *日本語.

Tagged with , .


3 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. freeactivationkeys says

    Wonderful submit, very informative. I ponder why the opposite experts of this sector do not realize this.
    You should proceed your writing. I am sure,
    you have a great readers’ base already!
    tweakbit driver updater crack



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.