Skip to content


グリーンピース 日本は福島周辺の放射性土壌の浄化に対応できない via Sputnik

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、日本政府は福島第一原発周辺地域の放射能汚染に関するデータを隠蔽していると非難している。英紙「ガーディアン」のジャスティン・マッカリー特派員が報じた。同氏氏は、原発事故の隣接地域で取材を行なった外国人ジャーナリストの代表団に参加していた。

スプートニク日本

福島第一原発の事故以降、 原子力発電所周辺地域の汚染土壌の除去のため、 大規模な作業が継続されてきた。外国人ジャーナリストたちに同行 した環境省職員の平月氏は、「法律にもとづき、私たちは福島県外で汚染土壌の最終保管場を見つけなければならない」と説明した。しかし、この危険物資の保管受け入れを、誰も、どこの地域も表明しようとはしない。

グリーンピースのスタッフたちは、原発事故の処理作業員たちが汚染された土壌の表層をすくい、巨大な袋に詰め込むが、その袋は核物質の漏出を防ぐことができず、 風や地下水によって汚染物資の拡散を許していると警告する。

全文はグリーンピース 日本は福島周辺の放射性土壌の浄化に対応できない

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.