Skip to content


福島米 全袋検査、20年に縮小 5年連続基準超えなしで via 毎日新聞

福島県は2日、東京電力福島第1原発事故後に実施している県産米の放射性物質の全量全袋検査について、早ければ2020年に果物や野菜と同じモニタリング(抽出)検査に切り替えると発表した。15年産以降、放射性セシウムの国の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超えるコメは出ておらず、5年連続ゼロの達成をめどに検査体制を見直すことにした。

 全袋検査は12年産から始まった。15年産以降は放射性物質の検出下限値(同25ベクレル)未満が99.99%超を占めており、状況に変化がなければ20年に抽出検査に切り替える。

 事故による避難指示解除後、営農が再開した地域などについては当面、全袋検査を継続する。

続きは福島米 全袋検査、20年に縮小 5年連続基準超えなしで

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.