Skip to content


原発事故で母親世代が転出…福島人口11万人減 via Yomiuri online

福島県が25日発表した10月の国勢調査の速報値で、県人口は5年前の前回調査から11万人以上減り、戦後最少になった。

 少子化や都市部への流出に加え、東京電力福島第一原発事故に伴う県外避難が大きく影響した。特に女性の減少が目立ち、県は「原発事故で母親世代が転出した」とみている。

 人口は前回比11万5458人(5・7%)減の191万 3606人。これまで戦後最少だった1970年の約194万人を下回り、減少幅も集団就職などで転出が多かった65年の約6・7万人を上回り、過去最大と なった。全域に避難指示が出ている自治体では、大熊など4町で人口がゼロだった。

 男女別では、男性が前回比3万9715人(4・0%)減、女性 が7万5743人(7・3%)減。女性の減少率は川内村(43・2%)、広野町(42・3%)などで高かった。これに対し、男性は相馬市で6・8%増、い わき市で4・2%増となっており、避難者や復興事業の作業員が多く転入したとみられる。

続きは原発事故で母親世代が転出…福島人口11万人減

当サイト既出関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.