Skip to content


米空母の被ばく災害対策で 横須賀で弁護士ら via毎日新聞

 横須賀市の市民団体「原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会」の学習会が13日市内で開かれ、同会共同代表の呉東正彦弁護士や元福島県双葉町長の井戸川克隆氏らが講演した。

 学習会には約70人が参加。呉東氏は空母ロナルド・レーガン(RR)、ジョージ・ワシントン(GW)の福島第1原発事故前後の航海日誌などを基に、RRが2011年3月、原発事故による「放射能雲」に2回包まれた経緯を指摘し「推測だが(被ばく集団訴訟原告の)元乗組員は汚染された海水を蒸留した飲料水で内部被ばくしたのでは」と述べた。またメンテナンスで出航していたGWが原子炉の1次冷却水や気体を日本の排他的経済水域内で排出したことに触れ「外務省は事実を認めたが、主権の行使の問題としてルール化すべきだ」と話した。
[…]

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.