放射能の影響試算 避難範囲議論へ 東京でヒアリング via 東京新聞

[…]
 ヒアリングで横須賀市の担当者は、米海軍横須賀基地に停泊中の原子力艦から半径三キロ圏内に約六万七千人が住み、学校や老人ホームなどが多くあることを説明。市民が理解できる結論を求めた。
 佐世保市は、原子力発電所と違い原子力艦は外洋に移動できることを踏まえた議論を求めた。うるま市は避難範囲が拡大される可能性を想定し、沖縄の全自治体からの意見聴取を要望した。
 原子力艦で事故が起きた際の試算は、マニュアルを策定するにあたって二〇〇三年にも行われたが、その後示された国際原子力機関(IAEA)の安全基準や東京電力福島第一原発事故後に決まった国の原発指針の考え方を新たに導入し、やり直す。
[…]

もっと読む。

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.