Skip to content


カザフスタンの市民ら反核訴え 国際デー「日本に共鳴」via 47 News

【アスタナ共同】旧ソ連時代に約460回の核実験が実施され、150万人以上が健康被害を受けたとされるカザフスタンで29日、「核実験に反対する国際デー」に合わせ、首都アスタナの広場で市民らが反核を訴えた。

(略)

参加者は、同国での核実験の回数に近い約500個の白い風船を空に放った。親が核 実験の影響を受け、生まれつき両腕がない画家のカリプベク・クユコフさん(47)は「この国には核の被害に苦しむ人がいる。非核という共通の目標を持つ日 本の人々に深く共鳴する」と語った。

全文はカザフスタンの市民ら反核訴え 国際デー「日本に共鳴」

関連記事:

当サイト既出関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.