Skip to content


オバマ大統領の被爆地訪問に慎重姿勢…米報道官 via Yomiuri online

【ワシントン=尾関航也】アーネスト米大統領報道官は6日、オ バマ大統領が任期中に広島、長崎の被爆地を訪れる可能性について、過去の訪日の際も米政府内で検討されていたことを明らかにしたうえで、「(実際にはオバ マ氏が)行かなかったことが、大統領と政権が最終的にどう判断したかを示している」と語り、慎重な姿勢を表明した。

 一方、報道官は「将来の可能性は排除しない」と述べた。ただ、来年の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)などに合わせ、被爆地を訪問する可能性については、米国内の多様な意見を検討し、最終的な判断を下すとみられる。

続きはオバマ大統領の被爆地訪問に慎重姿勢…米報道官

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.