Skip to content


在韓被爆者らが追悼式 支援の特別法求める via 東京新聞

【陜川共同】広島への原爆投下から70年の6日、在韓被爆者が多く暮らす韓国南東部・陜川で追悼式が開かれた。日本は在韓被爆者に謝罪をしてこなかったとの批判のほか、韓国政府の被爆者援護策が不十分だとして、支援のための特別法制定を求める声が出た。

(略)

陜川には、徴用などで日本にいた際に被爆し、終戦後に戻った人が多い。

全文は 在韓被爆者らが追悼式 支援の特別法求める

関連記事:

 カリフォルニア州ロサンゼルス近郊では、広島に原爆が投下された時間に合わせて、地元の人やアメリカに住む被爆者らおよそ90人が黙とうを捧げました。 「私たちは平和で戦争のない世界をつくらなければいけません」(在米被爆者の更科洵爾さん〔86〕)

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.