Skip to content


被爆者調査、7割が「9条堅持」via ロイター

全国の被爆者に核兵器の廃絶や日本の 安全保障をめぐる現状について尋ねた共同通信のアンケートで、憲法9条の改正に7割近くが「反対」であることが1日、分かった。悲惨な体験から「二度と戦 争をするべきではない」と考える被爆者の多くが、9条堅持を不戦につながると考えていることが明らかになった。

また、約8割が、現在の国際情勢の中で核兵器使用の恐れを感じると回答。広島、長崎への原爆投下から70年を前にして、なお核兵器廃絶が進まない現状に焦りを募らせ、懸念を強める姿が浮かび上がった。

続きは被爆者調査、7割が「9条堅持」

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    7割とは、思ったより低い数字でした。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.