福島汚染水漏れ:東電、調査打ち切り 原因不明のままvia 毎日新聞

 東京電力福島第1原発の「H6」と呼ばれるタンク群から高濃度の放射性物質を含んだ汚染水約100トンが漏れた問題で、東電は26日、作業員らへの聞き取り調査では原因究明につながる情報が得られなかったと発表した。今後は調査規模を大幅に縮小し、相談窓口で情報提供を受け付けるとしているが、原因不明のまま事実上、調査を打ち切った形だ。

 この日、Jヴィレッジ(福島県楢葉町、広野町)で記者会見した東電の相沢善吾副社長は「調査を終えるのではなく、広く情報を求めて、必要があれば聞き取りをする」と述べた

全文を読む。

This entry was posted in *日本語 and tagged , . Bookmark the permalink.

6 Responses to 福島汚染水漏れ:東電、調査打ち切り 原因不明のままvia 毎日新聞

  1. norma field says:

    見出し、そして記事に示された見解と東電側の主張とのずれが目に付きます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.