福島第一原発の作業員142人 東京電力発表より多量の放射線を浴びる via ロシアの声

25日、日本の厚生労働省が明らかにしたところによれば、福島第一原子力発電所事故後の除染作業に従事した7500人のうち142人は、東京電力が確認したよりも多くの放射線を浴びていた。

   当初の発表では、作業員らが浴びた放射線は90ミリシーベルトとの事だったが、厚生労働省が改めて調査したところ、作業員らが浴びた放射線量は180ミリシーベルトに達していた事が分かった。

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.