Skip to content


ロシアのウクライナ介入、チェコの原発建設にも波紋 via AFP/BB News

【3月4日 AFP】ウクライナで親欧米の暫定政権が発足したことを受け、同国南部クリミア(Crimea)半島にロシア軍が展開し実効支配を強めつつある中、ロシア企業が建設契約に入札しているチェコの原子力発電所の拡張事業にも緊張が飛び火している。3日、チェコの閣僚らはロシア企業による入札の是非をめぐって割れ、激論を交わした。
チェコは南部テメリン(Temelin)にある原子力発電所に新たな原子炉2基の増設を計画している。推定80~120億ユーロ(約1兆1200億~1兆6800億円)規模とされるチェコ電力(CEZ)のこの建設事業には、ロシアの原発建設企業アトムストロイエクスポルト(Atomstroyexport)と同国営設計企業OKBギドロプレス(OKB Gidropress)、チェコのシュコダJS(Skoda JS)の3社から成る企業連合「MIR1200」が名乗りを上げており、米大手ウェスチングハウス(Westinghouse)と落札を競おうとしている。
ウクライナにおけるロシアの動きを受け、チェコのマルチン・ストロプニキー(Martin Stropnicky)国防相とイジー・ディーンストビール(Jiri Dienstbier)人権担当相は、ロシアの入札参加に反対を表明した。
(略)
テメリンの原発は共産主義時代に計画され、建設は2000年に着手された。現在は出力1050メガワットのロシア型加圧水型原子炉VVERが2基ある。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.