ジェトロ、福島で酒の輸出商談会 風評の払拭目指す via 日本経済新聞

日本貿易振興機構(ジェトロ)は福島市で酒類の輸出商談会を10月9日に開く。海外から欧米やアジアの8カ国12社が参加する。

(中略)

 日本側は福島、岩手、宮城、山形、新潟の5県から19社が参加する。このうち大七酒造(福島県二本松市)や花春酒造(同県会津若松市)など 福島県内の企業が12社と最多を占める。日本と外国の企業の双方から希望を募り、個別の商談を設定する。25件程度の商談成立を目標にする。

 政府は日本酒と焼酎を「国酒」と位置付けて輸出を強化しており、ジェトロの商談会もその一環。原発事故で各国は日本産食品の輸入を制限しているが、「酒類は比較的規制が緩い」(ジェトロ福島)という。

全文はジェトロ、福島で酒の輸出商談会 風評の払拭目指す

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.