「原発ゼロは選挙目当て」経団連会長が民主党批判 via テレ朝News

民主党が「2030年代に原発ゼロ」という提言を決めたことについて、経団連の米倉会長は「選挙目当て」と批判し、政府には議論のやり直しを求めました。

(中略)
米倉会長は、原発ゼロを打ち出せば日本経済が打撃を受けるほか、原発技術者の流出や日米関係の悪化を招くことなどを指摘しました。そのうえで、「責任ある 政党は、苦痛なことでも乗り越えるべき道であれば、マニフェストできちんと言うべきだ」と述べ、民主党の姿勢を批判しました。

全文は「原発ゼロは選挙目当て」経団連会長が民主党批判

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

1 Response to 「原発ゼロは選挙目当て」経団連会長が民主党批判 via テレ朝News

  1. yukimiyamotodepaul says:

    選挙で民意を問うのが民主主義。米倉氏ははっきりと民主主義を否定している。そして「日米関係の悪化」にようやく言及。やはり、日本の原発は米国抜きには考えられないということか。濃縮ウランの70%は米国から購入しなければならない、といった原子力協定のみが足枷?

Leave a Reply

Your email address will not be published.