高線量地区は効果低く 除染モデル事業最終報告書via 福島民報

 環境省と日本原子力研究開発機構が29日発表した除染モデル実証事業の最終報告書は、積算放射線量が年間20ミリシーベルト以上30ミリシーベルト未満の区域は面的除染で20ミリシーベルトを下回る成果を挙げた一方、年間40ミリシーベルトを超える区域では除染後も年間20ミリシーベルト以下まで空間線量を下げることができず、放射線量の高い地域では効果を出しにくい状況が浮き彫りとなった。

続きは高線量地区は効果低く 除染モデル事業最終報告書

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.