福島第1から汚染水が海に流出 via 中日新聞

東京電力は26日、福島第1原発で高濃度汚染水を処理した後に淡水化する装置と貯水槽の間をつなぐ配管から汚染水が漏れ、一部が海に流出したと発表した。

東電は、配管から漏れた量は約120トンで、そのうち海に流出したのは約80リットルと推定。放射性ストロンチウムを含んでいるとみられ、汚染水の濃度は1立方センチ当たり約14万ベクレルという。

全文は福島第1から汚染水が海に流出

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.