Skip to content


ツバメの巣140万ベクレル 離れれば「影響なし」via 47 News

(抜粋)

環境省によると、巣はセシウム濃度が高い付近の田んぼの泥や枯れ草を 集めて作ったとみられる。千葉市の放射線医学総合研究所に運び、巣表面の放射線量を測定すると毎時2・6マイクロシーベルトだったが、約50センチ離れる と同0・08マイクロシーベルトに下がったことから、同省は「近づかなければ巣による人への影響は無視できると考えられる」としている。

全文はツバメの巣140万ベクレル 離れれば「影響なし」

◇ 当サイト既出関連記事:

全国からツバメの巣集め原発影響調査 山階鳥類研究所 via Yahoo! ニュース

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.