『あしたが消える』22年前の福島第一原発「幻のドキュメンタリー映画」

この映画は、22年前の1989年5月26日に公開された
原発ドキュメントである。
この22年という数字に深い意味がある。
当時はソ連でチェルノブイリ原発事故が起こって3年後で、
全世界が原発事故に恐怖を抱いていた。

広瀬隆氏、チラシより

公開劇場その他はこちら

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.