Skip to content


福島・郡山市の汚染度はウクライナと比べ分散傾向 via福島民友

琉球大名誉教授の矢ケ崎克馬氏は31日、県庁で会見し、東京電力福島第1原発事故の放射性物質による福島、郡山両市の土地の汚染度をウクライナの放射能汚染定義に準じて、同国ルギヌイ地区と比較した結果を公表した。結果によると、福島、郡山両市は同地区より汚染度が高い地域が多い一方、管理が必要のない地域も同地区より多く、汚染状況が分散している特徴があった。

続きは 福島・郡山市の汚染度はウクライナと比べ分散傾向

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.