Skip to content


福島第1原発:班目氏「私は何だったのか」 海水注水問題 via 毎日jp

東京電力福島第1原発1号機への海水注水問題で、東電が一転して中断を否定したことについて、内閣府原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長は26日、会見し「私の頭の中ははてなマークだらけで相当混乱している。一体何がどうなっているのか教えてくださいというのが正直な気持ち。中断がなかったのなら、一体私は何だったのでしょう」と苦笑いした。

班目委員長は東日本大震災の翌日の3月12日、菅直人首相らと協議した際に、再び核反応が連続する「再臨界」の危険性を指摘したとされ、政府・東電統合対策室の会見資料にも記載された。班目委員長の発言が注入中断の判断につながったとされているが、班目委員長は反発。対策室は「再臨界の可能性はゼロではない」と修正した。【奥山智己】

福島第1原発:班目氏「私は何だったのか」 海水注水問題

 

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.