『福島原発、重要システム共に役立たず 防災に大きな不安』 via 中国新聞

 国の防災基本計画で重点整備がうたわれていた「緊急時対策支援システム(ERSS)」と「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)」は、福島第1原発事故で本来の機能をまったく果たせなかった。新システムを築くのか、現存のシステムが改良できるのか、原発事故に対する備えに一層の不安を抱え込んだ。

続きは『福島原発、重要システム共に役立たず 防災に大きな不安』から。

This entry was posted in *日本語 and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.