『外国語指導助手200人以上避難・一時帰国、退職44人 – 東日本大震災』 asahi.com

 東日本大震災の発生後、全国の小中高校で英語などを教えるJETプログラムの外国語指導助手(ALT)200人以上が一時帰国などの形で避難し、44人が退職していたことが、財団法人・自治体国際化協会(東京都)の調査で明らかになった。

続きは『外国語指導助手200人以上避難・一時帰国、退職44人 – 東日本大震災』から。

This entry was posted in *日本語 and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.