Skip to content


被災地現状伝えたい 福島帰還困難区域ツアー via 中日新聞

10月下旬 小矢部の男性ら計画

 東京電力福島第一原発がある福島県大熊町の住民や、被災地での支援活動を続ける富山県小矢部市の男性らによる市民団体「大熊町ふるさと応援隊」 が、立ち入りが制限されている帰還困難区域に一般の人が入る「スタディーツアー」を十月下旬に計画している。政治家やメディアが区域に入ることはあっても 一般向けツアーが組まれるのは「おそらく初めて」(被災地自治体)。「被災地の現状を伝えたい」との現地の切なる思いが込められている。

 計画によると、東京を発着地に一泊二日の日程で福島県内を回る。初日は大熊町の同区域を三時間かけバスで周遊。福島原発から一・五キロの地点も通 り、降車せずに車内では一般的なマスクを装着。町で見守り活動を続ける六人組「じじい部隊」の一人がガイドを務め、町を出た後は富岡町のスクリーニング場 で被ばく線量を測定する。

 二日目は、大熊町が仮庁舎を構える会津若松市で、同町の児童の仮設小学校を見学。町民経営の喫茶店などで被災者の話を聞く。

 同団体事務局で、震災後、福島県での支援を続ける小矢部市の川嶋茂雄さん(53)は二〇一二年ごろから仲間とツアーを構想。東京の旅行会社や国、 大熊町との相談も重ねて七月中旬にはコースを下見した。独自に測った放射線の積算量は三時間で約一〇マイクロシーベルトだった。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


Top US Nuclear Officials Visit Fukushima: “The pain they’ve inflicted… innocent lives impacted forever… children” — “Sick to my stomach… as if I were in a science fiction movie” — “Very sobering” — “We raise the standard of living for millions… without us, heart surgery isn’t possible” (VIDEO) via ENENews

The Herald Palladium, Aug. 20, 2014 (emphasis added): Fukushima ‘a very sobering place’ — Cook chief paints bleak picture of site [...] Larry Weber, chief nuclear officer at the Donald C. Cook Nuclear Plant… visited the six-unit Fukushima Daiichi… “It’s a very sobering place,” said Weber, one of a number of American nuclear officers who visited… The U.S. nuclear industry learns from problems [and] responded to Fukushima by changing thinking about disasters and accidents so that any possibility is considered, Weber said.

First Energy’s Chief Nuclear Officer Peter Sena discusses recent trip to Fukushima: Why are we here, what did we learn, what did we see? I start back with the basic fundamentals of being in this business — what we do is raise the standards of living for millions of people across the country… We may not be heart surgeons, but without us, heart surgery is not possible. And we do it in an environmentally clean manner. That’s important to me because I consider myself an environmentalist. It’s a legacy that we’re leaving for our children and our children’s children, a green planet. But this past week… I got to see the dark side of nuclear power. It was sad for me because I’m a firm believer in what nuclear power can do… abandoned homes, abandoned schools, abandoned storefronts… it’s emotional because I believe in this product. I saw TEPCO executives having to apologize… for the pain that they’ve inflicted. These are lives that have been impacted forever, and these are innocent lives – children… My children live within the evacuation zone of the Beaver Valley power plant. I can never put myself in a situation that I have to apologize to my friends and neighbors that they can never go home again. I need to relay this message to all 3,000 of my workers… We should always have safety in the forefront… This is no longer just a business, it’s now personal.

Eric Leeds, NRC’s Director of Nuclear Reactor Regulation, Mar. 13, 2014: I wanted to offer a few personal insights from what I found to be a profound experience… Tomioka… is now empty, uninhabitable because of radiological contamination… Thinking about the people who, for all this time, have lost their homes, lost their jobs, and lost their community leaves me feeling sick to my stomach… When we reached the site… it struck me that everyone was wearing full anti-Cs, respirators, and helmets. It left me with an eerie feeling, as if I were in a science fiction movie… I am more convinced than ever that the Fukushima lessons learned we are requiring the industry to implement are critical… We are… responsible for protecting the American public. It’s our job. For me, it’s personal. It’s what I’m here to do.

How ‘personal’ have ‘lessons learned’ from Fukushima been taken by US nuclear officials?

Continue reading at Top US Nuclear Officials Visit Fukushima: “The pain they’ve inflicted… innocent lives impacted forever… children” — “Sick to my stomach… as if I were in a science fiction movie” — “Very sobering” — “We raise the standard of living for millions… without us, heart surgery isn’t possible” (VIDEO)

Posted in *English.

Tagged with , , , , , .


(核リポート 原発銀座:4)「脱原発」叫ぶだけでは via 朝日新聞

敦賀半島の北西、敦賀市・白木地区。元区長の橋本昭三さん(85)は毎朝5時になると、和室の机に向かう。硯(すずり)の墨汁を含ませた毛筆を手に取り、和紙に郷土史「白木の里」をつづる。20歳の元旦から書き始め、65年続ける日課だ。書き連ねた和紙は4万1200枚にものぼる。「5万枚になったら本にまとめたいね」と話す。

白木地区の名は朝鮮半島の古代国家・新羅に由来するとされる。住人は15世帯約80人。世帯数は江戸時代から変わらないという。海岸近くまで崖が迫り、平地は猫の額ほどしかない。集落は棚田を開墾し、半農半漁の生活を営んできた。しかし、生活苦は抗しがたく「分家禁止」を申し合わせ、今も固く守られている。

敦賀市の中心街にも西隣の美浜町にも、山越えか舟に乗って繰り出すしかなかった。冬は日本海の荒波で出港もままならない。「病人が出たら背中にかついで峠を越えた。かんじきで雪道を歩くと一日仕事。生きること自体が大変だった」と橋本さんは振り返る。

陸の孤島」と呼ばれた敦賀半島は、1970年に節目を迎えた。この年の3月、半島の東側で日本原子力発電敦賀原発1号機が営業運転をはじめ、大阪万博の会場に「原子の灯」を送る。同11月には半島の西側に関西電力にとって初の原発となる美浜1号機も運転開始した。

原発ができた集落に港ができ、道路が舗装され、補償金で家々が立派になっていった。その変化をまざまざと見せつけられたのが、出稼ぎの白木地区の男たちだった。

70年2月11日の夜のことだ。当時、白木区長だった橋本さん宅に、3人の男が突然訪ねてきた。旧動力炉・核燃料開発事業団(現・日本原子力研究開発機構)の職員と名乗った。「ここに新しい原発を造りたい」。もんじゅ建設の申し入れだった。

「立ち退きか」。集落の世帯主15人が一堂に集まり、反対の声が上がった。しかし、内心は違った、と橋本さんは言う。「心の底では、みな、この機 会を失えば、集落はいずれ消えると思っていた」。翌71年、旧動燃は建設予定地を集落の東約1キロの棚田への変更を伝えてきた。「集団離村しなくて済 む」。住民一致で誘致を決めた。

白木地区はみるみるうちに変わった。港と防波堤ができ、道路がつながり、もんじゅで職を得た。「これで、子どもたちが将来を選べるようになった」。橋本さんは区長の責任を果たしたと思った。

もんじゅは、発電で消費した以上の燃料を生み出す「夢の原子炉」――。国と旧動燃はそう説明した。「資源の少ない日本のエネルギー事情を考えると必要な施設。それも、他のどこにもない施設」。橋本さんはもんじゅに特別な感慨を持った。

(略)

もんじゅは2014年度当初予算で、投じられた国費がついに1兆円を突破した。

安全性への不信感、経済性の悪さから、もんじゅは脱原発に取り組む人たちにとって、特別な対象となる。2013年12月にはもんじゅを望む白木地区で集会が開かれ、全国から集まった約1千人が廃炉を訴えた。

政治家、官僚、事業者、脱原発の市民ら……。その姿を、原発のすぐそばで暮らす人たちの多くが冷ややかにみる。「反対であれ、推進であれ、一度でも集落に入って、地元の住民と直接話そうとする人はほとんどいない」と、橋本さんは嘆く。

2012年7月の関西電力大飯原発の再稼働でも、反対する多くの人たちが全国から集まった。このときも、地元のおおい町民も冷淡な反応だった。橋本さんは「われわれの暮らしを見ようともしないし、話を聞こうともしない。それで理解しろというのは難しい」と話す。

交通の不便な所に、原発はある。何度となく安全性を揺るがすトラブルに直面しながらも原発を容認してきた。地元の人たちにとって、頭ごなしの原発の否定は、原発を受け入れてきた長い歩み、葛藤や不安を否定されるに等しい。

今年1月、脱原発を主張する自民党の衆院議員がもんじゅ視察のため配車を依頼したところ、地元のタクシー会社に拒まれた。この会社は作業員を原発に送迎するバスも運行している。菅義偉官房長官は「言語道断」と強い言葉で批判した。一方で、河瀬市長は「追い詰められた市民の気持ちが誤った形で表れてしまった」と話した。

全文は要無料登録:(核リポート 原発銀座:4)「脱原発」叫ぶだけでは

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


除染費用、3千億円概算要求へ 来年度予算で環境省 via 福井新聞

環境省は22日までに、東京電力福島第1原発事故に伴う除染費用として、2015年度予算の概算要求に約3 千億円を盛り込む方針を固めた。

(略)

国の直轄除染は4市町村で終了したが、7市町村で15年度以降も継続するため、引き続き十分な予算確保が必要と判断。作業は14年度がピークとみられ、14年度当初予算と、前倒しで計上した13年度の補正予算を合わせた計約3400億円からは減少した。

全文は除染費用、3千億円概算要求へ  来年度予算で環境省

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


Hackers Successfully Crack US Nuclear Regulator For The First Time… Twice via Huffington Post

The United States has admitted that hackers attacking its nuclear power plants have already succeeded. Twice.

An investigation by the Nuclear Regulatory Commission, which oversees the US nuclear power grid, uncovered two incidents in which hackers were able to access its internal documents.

The NRC is tasked with managing information about nuclear reactors, including those which handle weapons-grade material.

One of the hacking incidents, as reported by NextGov, involved emails sent to 215 NRC employees designed to steal their login details.

Around 12 employees ended up falling for it, according to the report, entering their username and password into a Google spreadsheet. The IG Cyber Crime Unit then tracked that spreadsheet to a user “in a foreign country” – though it is not clear who was behind the simple attack.

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , .


Three and a half years after a catastrophic meltdown, Fukushima is far from fixed via Time

As we lumber through the plant like clumsy B-movie extras, I’m reminded that our many layers don’t protect against every type of radiation. Not to worry, we are told by officials from Tokyo Electric Power Co. (TEPCO). The radiation levels in certain parts of the nuclear complex are actually lower than in some populated swaths of Fuku­shima prefecture. Later, as I sit in a futuristic cubicle in the plant complex, undergoing a full-body internal radiation check, the soundtrack underscores TEPCO’s soothing message. A line from one song’s lyrics, tinkly and sweetened: “You’ve got a friend in Jesus.”
[...]
The Nuclear Accident Independent Investigation Commission, authorized by Japan’s parliament, was damning in its 2012 report on the nuclear meltdown: “What must be ­admitted—­very ­painfully—is that this was a disaster ‘Made in Japan.’ Its fundamental causes are to be found in the ingrained conventions of Japanese culture: our reflexive obedience; our reluctance to question authority; our devotion to ‘sticking with the program’; our groupism; and our insularity.” The panel, composed of Japanese scientists, doctors and engineers, among others, continued with a candor exceptional for Japan: “The consequences of negligence at Fukushima stand out as catastrophic, but the mind-set that supported it can be found across Japan.”

[...]
Public faith in the government’s ability to ensure safety and respond to crises has eroded because of the nuclear accident, but Fukushima has not inspired new environmental or civil-­society movements that can boast of major accomplishments. “Inertia is still very strong,” says Akihiro Sawa, an executive senior fellow at the Keidanren business federation’s 21st Century Public Policy Institute.
[...]
Despite all this, the Japanese government’s message to the world is, Trust us. Last year Prime Minister Abe visited Fukushima, flashed a grin and bit into a locally grown peach to prove that the area’s ­produce—an economic ­mainstay—was safe to eat. Shortly after his fruit tasting, Abe traveled to Buenos Aires and gave a speech that propelled Tokyo to victory as the host of the 2020 Summer Olympics. “Let me assure you the situation is under control,” he said. But is it?\[...]
Since then, Yukie and her family have moved 10 times, from one set of cramped rooms to another. But the specter of ­radiation—­invisible, odorless, ­tasteless—­follows them. Yukie, 33, and her two small children now live like shut-ins on the outskirts of Iwaki, the biggest city near Fukushima Daiichi, about 25 miles (40 km) away. Earlier this year, her daughter broke out in mysterious ­rashes; one visiting doctor speculated that radiation could have caused the outbreaks. (Other doctors, however, blamed different causes.) Yukie suffers from frequent nosebleeds, which she says she never had before the disaster.

[...]
“There’s so much societal pressure to not even mention the word radiation,” says Sachihiko Fuse, an oncologist who helps run a private medical clinic in Fukushima city. “The national and prefectural governments say, ‘Please, there’s no danger, live as normal.’ But people are concerned.”

[...]
Atomic power is entrenched in the Japanese government. In 2009 more than 70% of individual donations to the now ruling Liberal Democratic Party came from current or former electric-­company executives. The LDP supports restarting Japan’s nuclear power plants, which were idled by a previous government.
[...]
In Fukushima, that starts with mothers, an unlikely demographic that has become politically active and increasingly anti­nuclear. For months after the meltdown, Kayoko Hashimoto’s daughter wore a dosimeter to school, just as authorities urged. The radiation cloud had passed over the region, but locals were told the area was safe. So why was her daughter’s dosimeter recording high levels of radiation? Hashimoto bought a top-of-the-line dosimeter and began testing the route her daughter took to school. To her shock, she discovered tiny hot spots of radiation throughout the community: one by a bakery, another by a dog kennel, still another in the school parking lot. These levels were even higher than in some towns that had limited outdoor playtime because of fears over radiation exposure. The health effects of such small hot spots aren’t clear, but Hashimoto is worried. “People are scared of radioactivity,” she says, “but they don’t want to make a fuss or draw attention to themselves.”

Watch video and read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , , , , .


広島と福島追われ via 朝日新聞

広島の原爆と福島の原発。二つの放射能に追われた人がいる。福島県南相馬市から相模原市に避難している遠藤昌弘さん(88)だ。
[...]
一家が講演するのはこのときが初めて。隆子さんの古い知人から頼まれた。隆子さんが原発の被災経験などを語り、昌弘さんは客席で紹介された。最後にこんな質問が飛んだ。

 「原発のことをどう思いますか」

 「なくなった方がいいと思います」

 その場は隆子さんが答え、昌弘さんは黙って聞いていた。だが、終わって控室に戻るなり、かみしめるように語り始めた。

 「そんな甘いもんじゃないんだ。戦争と原発で国が滅んでしまうんだ」

[...]
69年前の8月。昌弘さんは中国大陸から内地へ転戦するなかで体を壊し、広島の病院に入院していた。

 爆心地から2キロあまり。その瞬間、爆風で廊下の壁に吹き飛ばされた。病棟は壊れ、多くの市民が血だらけで助けを求めていた。遠藤さんも「黒い雨」に打たれながら廃虚の街をさまよった。

 敗戦後、両親がいた福島県小高町(現南相馬市)に戻った。

 やがて町役場に勤めると、東北電力の浪江・小高原発の建設計画が持ち上がった。反対運動もあるなか、土木課職員だった昌弘さんは1980年代、道路用地の交渉にあたった。

 「原発と原爆はまったく違うもの。放射能の平和利用なのです」

 「私自身、被爆者だから放射能の恐ろしさはよく分かっている。その上でやっている」

 そう地権者を説得して回った。

 それから約30年。原発の「安全神話」はあっけなく崩れた。

 「当時は自分の仕事のため、町のためだった。交付金が入れば財政も豊かになる。でも、まったく期待に反するものだった」
[...]
 話の最中、「原爆の被爆後、めまいがとれないのが悔しい」と何度も言った。脱毛もひどかった。下痢にも苦しんだが、50歳をすぎてようやく落ち着いた。「若い人たちに伝えたい」と声をふりしぼった。

 「爆弾は山や建物の陰に隠れれば身を守ることができる。でも、放射能は逃げようがない。目に見えないし、痛くもかゆくもない。これは恐怖です」

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


放射線対策費で東電に1600万円請求 加須市 via 東京新聞

加須市は二十日、東京電力福島第一原発事故に伴う放射線対策費として、二〇一一、一二年度の未払い分と一三年度分の計千六百三十九万円を東電に請求した。東電への請求は三回目。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


核燃料取り出し、年度内に具体策 福島第1で原賠機構 via 日本経済新聞

原子力損害賠償・廃炉等支援機構の山名元・副理事長は21日、東京電力福島第1原子力発電所1~3号機にある使用済み核燃料について、取り出しに向 けた具体策を年度内にまとめる考えを明らかにした。4号機では昨年11月から使用済み核燃料の取り出しを始めたが、事故による損傷が激しい1~3号機は撤 去に着手できていない。山名氏は「ここ2~3年の大きなテーマになる」と語り、撤去方法の検討を急ぐ意向を示した。 同機構は溶け落ちた核燃料(デブリ)の取り出しなど中長期的な技術的な課題についても検討を始めた。同日には「

続きは核燃料取り出し、年度内に具体策 福島第1で原賠機構

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


アメリカによる内部被曝隠しと放射線影響研究所via 明日に向けて

「知られざる放射線研究機関 ABCC/放影研」の書き起こしより。

そんな放影研に福島県郡山市から依頼があった。大久保利晃(としてる)理
事長が、市の健康管理アドバイザーとして招かれたのだ。専門的な知識を期
待されてのことだった。

「放射線に被ばくすればするほど、ガンは増えます。これは逆に。だんだん
だんだん減らしていったときにどうなるのか。本当にゼロに近いところでも
ごくわずかに増えるのか増えないのか。これが一つの問題です。」
「本家本元、広島の研究では増えたのか増えてないのかということは統計学
的に証明できてないです。」(大久保氏の福島での集会レクチャーより)

実は放影研のデータは、福島ではそのまま活用できない。放影研が調査して
きたのは、原爆が爆発した瞬間、身体の表面に高線量の放射線を浴びる外部
被曝だ。福島で今、起きていることはこれとは異なる。放射性物質が呼吸や
食べ物から身体の中に取り込まれ、放射線を放ち、細胞を傷つける、内部被
曝だ。
[...]
放射線の人体への影響を60年以上調べている放影研だが、実は内部被曝のデー
タはないという。しかし言うまでもなく内部被曝は原爆投下でもおきた。爆発
で巻き上げられた放射性物質やすすがキノコ雲となりやがて放射性物質を含ん
だ雨を降らせた。この黒い雨で汚染された水や食べ物で、内部被曝が起きたと
考えられている。

「黒い雨の方は、これは当然、上から落ちてきた放射性物質が周りにあって被
曝するのですから、今の福島とまったく同じですよね。それは当然あると思う
のですよ。それについては実は、黒い雨がたくさん降ったところについては、
調査の対象の外なんですよ。」(大久保氏談)
[...]
だがABCCが内部被曝の調査に着手していたことが、私たちの取材でわかった。
それを裏付ける内部文章がアメリカに眠っていた。
「1953年にウッドベリー氏が書いた未発表の報告書です。」(公文書館員談)

ローウェル・ウッドベリー氏はABCCの当時の生物統計部長だ。報告書には広島
の地図が添えられ、内部被曝の原因となった黒い雨の範囲が線で書かれている。
ウッドベリー氏は、黒い雨の本格的な調査を主張していた。

「原爆が爆発したときの放射線をほとんどまたは全く浴びていない人たちに被
曝の症状が見られる。放射線に敏感な人が、黒い雨による放射性物質で発症し
た可能性と、単に衛生状態の悪化で発症した可能性がある。どちらの可能性が
正しいか確かめるために、もっと詳しく調査すべきだ」(ウッドベリー報告書)
[...]
玉垣秀也氏は、医師の国家試験に合格したあと、ABCCに入った。黒い雨を含め、
原爆投下後も残った放射性物質、残留放射能の調査を命じられた。玉垣氏は、
原爆投下後に広島に入った救助隊員40人を調べた。5人に深刻な症状を確認し、
うち2人はすでに死亡していたという。

「(放射線を)直接受けた人たちと同じように脱毛がある。それから歯ぐきか
らの出血ね、それから下血、発熱と。そういうような症状でしたね。」(玉垣
氏談)

しかしアメリカ人の上司は衛生状態の悪化が原因だと一蹴し、この調査を打ち
切ったという。

「(上司は)あの当時の人たちは衛生状態が悪いから腸チフスにかかっても不
思議はない」と。「それを聞いて玉垣さんはどう思われましたか?」(記者)
「私はやっぱり原爆の影響だと思いましたよ。」

ABCCから放影研に変わった後も、内部被曝の調査は再開されることはなかった。
[...]
広島大学原爆放射線医学科学研究所 大滝慈(めぐ)教授談
「内部被曝のような問題がもし重要性が明らかになりますとですね、アメリカ
側が想定してきたようなですね、核戦略の前提が崩れてしまうのではないかな
と思います」

[...]
内部被曝を調査の対象から外した放影研。福島の原発事故の発生から1年が経っ
た今年3月、大きな方針転換を決めた。それは・・・内部被曝を調査の対象から
外した放影研が新たな方針を決めた。

「過去の業績と蓄積した資料を使ってですね、原発に限らず、一般の放射線の
慢性影響に関する世界の研究教育のセンターを目指そうと。」(大久保氏、放影
研会議の席上で)

取り扱い注意と記された放影研の将来構想、内部被曝を含む低線量被曝のリスク
を解明することを目標に掲げていた。原爆投下を機に生まれた研究機関は、今、
原発事故を経て方針転換を余儀なくされている。

もっと読む。
ビデオ「知られざる放射線研究機関 ABCC/放影研」を見る
切り捨てられた被爆者〜残留放射線の闇を追って

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , , , , .