Skip to content


11月から汚染農林産物焼却へ 北上市、原発事故対応 via 岩手日報

 北上市は、東日本大震災の東京電力福島第1原発事故で汚染された農林産物の焼却処分を11月から開始する。同市上鬼柳の市清掃事業所で焼却し、焼却灰は同市きた(ふしうし)の管理型最終処分場に埋設する。

対象は放射能濃度が1キログラム当たり8千ベクレル以下の原木シイタケほだ木や牧草、稲わらなど575・9トン。同8千ベクレルを超えるものは国が処分する。

市は同清掃事業所内に保管・前処理テントを設置し、対象農産物を破砕。焼却灰の放射能濃度が同1千ベクレル以下となるよう一般ごみと混ぜて焼却する。排煙の放射性セシウムはフィルターで除去する。

焼却灰は約900立方メートル生じる見通しで、粘性土と遮水シートで遮水し埋設する。

続きは11月から汚染農林産物焼却へ 北上市、原発事故対応

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


大使館関係者が柏崎原発視察 via 新潟日報

フランスやドイツなど7カ国・地域の在日大使館関係者ら10人が22日、東京電力柏崎刈羽原発を視察した。福島第1原発事故後の津波対策や事故に備えた予備電源、注水対策の取り組み状況について東電の説明を受けた。

東電によると福島での事故後、同社はこれまで各国の在日大使館を訪問し事故への対応状況などを説明してきた。取り組みを視察したいという要望が寄せられ、10月から現地で説明を始めた。大使館関係者の訪問は7日に続き2回目。

視察団は防潮堤や防潮壁といった外部施設などのほか、免震重要棟と6号機の原子炉建屋を見て回った。参加者は「地震で発電所内の移動が困難なとき予備電源 車などはどうやって動かすのか」といった事故対応のほか「使用済み核燃料プールは何年でいっぱいになるのか」と施設機能にも関心を寄せていた。

続きは大使館関係者が柏崎原発視察

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


「原発のコストが一番安い、うそだった」小泉元首相 via 朝日新聞

小泉純一郎元首相

ほかの国に比べて日本は地震、津波、火山の噴火が多い。原発をやってはいけない国だと確信した。政府は『日本の原発は世界一、安全基準が厳しい』と言うが、米国やフランスアイルランドと比べてどこが厳しいのか、全然示していない。廃炉の費用、賠償費用、安全対策の費用。最終処分場なんて千年万年作らない。これを入れてないんだから、原発のコストが一番安いというのは、とんでもないうそだった。

続きは「原発のコストが一番安い、うそだった」小泉元首相

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


Japan prosecutors set to rule on possible Fukushima indictments via Reuters

(Reuters) – Japanese prosecutors must decide this week whether to charge Tokyo Electric Power Co executives for their handling of the 2011 Fukushima disaster, in a process that could drag the operator of the stricken nuclear plant into criminal court.

The judicial review is unlikely to see Tepco executives go to jail, legal experts say, but rehashing details of the meltdowns and explosions that followed an earthquake and tsunami will cast a harsh light on the struggling utility and will not help Prime Minister Shinzo Abe’s unpopular effort to restart Japan’s nuclear reactors.

The Tokyo’s District Prosecutors Office last year declined to charge more than 30 Tepco and government officials after investigating a criminal complaint from residents, who said officials ignored the risks to the Fukushima Daiichi plant from natural disasters and failed to respond appropriately when crisis struck.

But a special citizens’ panel opened another legal front in July, asking prosecutors to consider charges of criminal negligence against three executives over their handling of the world’s worst nuclear disaster since Chernobyl in 1986.

Under the review system, the prosecutors must respond by Thursday.

If they again decline to take up the case, as some experts expect, the 11-member panel of unidentified citizens can order prosecutors to indict, if eight members vote in favor.

[...]

Nationwide, a majority of people has consistently opposed restarting nuclear power, according to opinion polls since the disaster.

The citizens’ panel said Tsunehisa Katsumata, Tepco chairman at the time of the disaster, and former executive vice presidents Sakae Muto and Ichiro Takekuro failed to take protect the Fukushima plant despite warnings it faced big tsunamis.

The prosecutors are unlikely to change their minds, said Shin Ushijima, an attorney and former public prosecutor.

“Prosecutors exhaust all means in their investigations and certainly would have in a special case like this, so if they were convinced they could not prosecute Katsumata and the others earlier, they will not reach a decision to indict now,” he said.

“There is a 50 percent chance that some or all of the three ex-Tepco executives will be indicted and 99.9 percent chance those indicted will be found not guilty,” Ushijima said.

“How can you prove one person, Katsumata for example, is liable or guilty, when such a big organization was behind such a large accident?”

Read more at Japan prosecutors set to rule on possible Fukushima indictments

 

Posted in *English.

Tagged with , , , .


【福島県知事選】「脱原発」議論深まらず 明言避ける有力候補 via 47News

東京電力福島第1原発事故後、初となる福島県知事選で「脱原発」をめぐる議論が深まらない。6新人が争う構図だが、ほとんどの候補者が県外の原発再稼働に 反対を訴える一方で、自民、民主などが相乗りする有力候補が明言を避け、争点となりにくくなっている。

▽既定路線  「復興の大前提として、県内の原発全基廃炉をやり遂げる」。原発事故の避難区域を抱える南相馬市で開かれた演説会。各党の県議や団体の関係者約600人 を前に、選挙戦を優位に進める前副知事の 内堀雅雄 (うちぼり・まさお) 氏(50)が力を込めた。だが、県外の原発について言及することはなかった。  内堀氏を含め6人の候補者全員が、県内原発の全基廃炉に賛成している。しかし、福島第1原発の1~6号機はすでに廃炉が決定。第2原発の4基について も、 佐藤雄平 (さとう・ゆうへい) 知事や県議会がこれまで廃炉を国と東電に求めており、多くの県民は県内全基廃炉を「既定路線」と受け止めている。

▽思惑  原発再稼働をめぐっては、第1号と見込まれる九州電力川内原発(鹿児島県)で地元同意が得られつつあり、着々と進行する。  「世界が注目している選挙。これだけ過酷な原発事故を経験した福島の知事だからこそ、県外の原発再稼働にも『ノー』と言わなければいけない」。元岩手県 宮古市長で医師の 熊坂義裕 (くまさか・よしひろ) 氏(62)は脱原発を明確に主張し県内を遊説している。第1原発のある双葉町の元町長 井戸川克隆 (いどがわ・かつたか) 氏(68)ら他の候補者も、県外の原発再稼働に反対の姿勢だ。  一方の内堀氏は記者会見で県外原発の是非を問われると「個別の原発再稼働について、福島の知事が言及すべきではない」と述べるだけ。その訳を内堀氏の陣 営幹部は「原発再稼働を進めたい自民党が支援に回ったことで、原子力政策について言いづらくなっている」と明かす。

続きは【福島県知事選】「脱原発」議論深まらず 明言避ける有力候補

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


Wind outstrips nuclear power thanks to Hurricane Gonzalo via The Week

High winds and faulty power plants lift wind power above nuclear for the first time in the UK

Britain’s wind turbines generated more energy yesterday than the country’s nuclear power plants, the National Grid says.

Wind farms provided 14.2 per cent of all power generated, while nuclear plants produced 13.2 per cent.

Gales resulting from the tail end of Hurricane Gonzalo boosted wind power, while nuclear operations was curtailed by problems at several plants. Nine reactors at four nuclear plants are currently offline due to unplanned maintenance and refuelling, energy news website RenewablesBiz.com reported.

Wind farms have proven controversial in the UK, causing protest in many rural communities. This year, protesters have rallied against new wind farms in Anglesey, East Yorkshire and Sutherland.

But yesterday’s performance comes on the heels of another milestone, when wind generated a record amount of power on Saturday – 6,372 megaWatts, according to the National Grid.

This accounted for nearly 20 per cent of the UK’s electricity, the BBC reports, although weekend demand for power is comparatively low.

The government said the UK’s energy security was guaranteed by developing several sources of power.

[...]

Nevertheless, the government still offers higher long-term subsidies to nuclear than to wind power.

Posted in *English.

Tagged with , , , .


川内原発説明会「良くない」半数 追加開催へ via 徳島新聞

 鹿児島県は22日、国の新規制基準に適合した九州電力川内原発(同県薩摩川内市)に関して開いた住民説明会で、参加者を対象に実施したアン ケート結果を発表した。適合と判断した原子力規制委員会の審査結果の理解度を調べるもので、説明会の感想について半数近くが「良くなかった」と回答した。

(略)

県は事故時の避難計画など審査内容以外への対応が不十分だったとし、追加の説明会を29日に日置市で開催することを決めた。

全文は川内原発説明会「良くない」半数 追加開催へ

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


群山港の日本産スクラップ輸入、官民合同調査団を構成しろ」via レーバーネット

脱核団体、2011年から輸入されている日本産スクラップの現況と流通実態調査要求

ムン・ジュヒョン記者 2014.10.20 19:24
2011年の福島核事故以後、群山港から輸入される日本産スクラップの輸入が急増している。 しかし群山港には、原子力安全委員会により設置・運営されるはずの放射線監視装置が設置されていない。

脱核エネルギー転換全北連帯と民主労総全北本部群山市支部は10月20日、 日本産スクラップ輸入・流通の実態を調査する官民調査団構成を要求した。

これらの団体は「群山地方海洋港湾庁が3段階にわけて、 税関と鉄鋼業者で放射能検査を実施しているので問題ないと釈明しているが、 きちんとした検査の規定もなく、携帯用放射線検査器でサンプル調査をしているのは信じられない」と話した。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


Harsh working conditions persist at Fukushima plant via Yomiuri Shimbun

By Junpei Monma / Yomiuri Shimbun Staff Writer
FUKUSHIMA — Workers trying to bring the situation under control at Tokyo Electric Power Co’s crippled Fukushima No.1 nuclear power plant continue to work in a severe environment 3½ years after the Great East Japan Earthquake.

To promote reactor decommissioning, which is expected to take 30 to 40 years, it is essential to improve that environment by addressing the workers’ dissatisfaction concerning issues such as decreased work efficiency due to the use of masks and the lack of space in resting rooms.
[...]
Serious manpower shortages

A man from Hokkaido, who said it was the first time he had worked at a nuclear power plant, said: “In Hokkaido, it’s difficult to find a job. Recently, many people have tried to find a job either in Fukushima at the nuclear power plant or in Tokyo, where the Olympics will be held in 2020.”

Some people are concerned about the deteriorating work quality as the number of staff unfamiliar with working at such an environment increases. A local worker in charge of electrical work on the premises said: “As there aren’t enough workers, there was no choice but to entrust a person who had the experience of working at another nuclear power plant for just a few months to lead a group of workers. It wouldn’t be surprising if an accident occurred at any time.”

According to TEPCO, 25 workers experienced some work-related difficulties, such as injury or heat stroke, in fiscal 2012, but that figure increased to 32 in fiscal 2013. In March this year, a 55-year-old man died after he was buried in soil while excavating it. The accident was the first fatality since decommissioning work started.

Akihiro Yoshikawa, 34, former TEPCO employee now supporting workers at the No. 1 nuclear power plant, explained that manpower shortages have occurred because veteran workers left Fukushima unsatisfied with short-term contracts and an unstable existence. “TEPCO and the government should improve the work environment while taking into account the long-term decommissioning processes, and also make efforts to educate workers to improve their techniques,” he said.Speech

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , .


原発周辺住民が甲状腺がん発症、原発側に賠償命令 via Chosun Online

原子力発電所の近くに住んでいて甲状腺がんを発症した住民に対し、原発側が賠償する責任があるという判決が下った。釜山東部地裁民事2部(チェ・ホ シク裁判長)は、釜山市機張郡に住む女性(48)が甲状腺がんを発症したことについて、原発の責任が一部認められるとし、原発を運営する韓国水力原子力 (韓水原)=韓国電力公社の子会社=が女性に慰謝料1500万ウォン(約151万円)を支払うよう命じる判決を下した。

地 裁は判決理由について「原発から5キロ以内に住む女性の甲状腺がん発症率が、30キロ以上離れた地域に比べ2.5倍に達するなど、甲状腺がんの発症は放射 線にさらされていることが決定的な要因となっていることが知られている。原告は原発の近くに住んでいて、原発から発生する放射線に長期間さらされたことに より、甲状腺がんを発症したものと考えられる」と述べた。

続きは原発周辺住民が甲状腺がん発症、原発側に賠償命令

当サイト既出関連記事:

関連記事:

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .