Skip to content


Radioactive leak at Pickering nuke plant was contained: OPG source via Elliot Lake Standard

TORONTO – A faulty valve leaked radioactive heavy water Friday from a nuclear reactor at the Pickering power plant, Ontario Power Generation says.

The leak was contained and no one was exposed to any radioactive material, an OPG statement Monday said.

The valve was on Unit 7 which was undergoing maintenance at the time.

The radioactive heavy water was contained by one of the back-up systems in place and no evacuation of staff was necessary, OPG said.

[...]

The company boasts that no member of the public has been harmed due to a radiation emission from its nuclear plants or waste storage facilities in the more than four decades that the nuclear industry has existed in Ontario.

Bruce Power, a private company which runs nuclear facilities on the shores of Lake Huron, generates 6,300 megawatts.

The Canadian Nuclear Safety Commission requires that potassium iodine pills be distributed to anyone living or working within 10 kilometres of a nuclear facility to prevent thyroid damage in case of a significant release of radioactivity into the environment.

Greenpeace is calling on the province to expand its emergency plans for an area beyond 10 km.

Read more at Radioactive leak at Pickering nuke plant was contained: OPG source 

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


発送電分離後の廃炉費用、消費者から徴収 経産省検討 via 日本経済新聞

経済産業省は、電力会社が発電、送電、小売りの3事業に分かれた後も原発の廃炉費用を安定確保する検討を始めた。新規参入組を含む電力小売会社が消費者や企業から徴収する仕組みになる公算が大きい。

25日の廃炉の会計制度を見直す経産省の有識者会議で議論した。経産省は導入した場合の試算を年内にも示す。

現在は電力会社が家庭や企業の電気料金から廃炉を含む原発の運営経費を回収している。同方式は2018~20年に廃止されるため費用負担の仕組みづくりが課題だった。

(略)

経産省はこの日、関西電力美浜原発1、2号機(福井県)など運転開始から40年前後の古い原発7基を廃炉したときの電力各社の損失額が1基あたり210億円程度になるとの試算も示した。年内に廃炉に向けた会計制度の見直し案を示す。

全文は発送電分離後の廃炉費用、消費者から徴収 経産省検討 

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


県が美浜1、2号再開了承 【2004年11月26日】via 福井新聞

美浜原発死傷事故に伴う安全点検のため停止していた関西電力美浜1、2号機について県は二十六日、運 転再開を了承。県庁に岸田哲二関電副社長を呼んで伝えた。事故を重くみた県の要請により関電は県内すべての原発を停止して二次系配管の点検を行ってきた が、事故を起こした美浜3号機を除いて一応の区切りが付いた形となる。

美浜2号機は二十八日、1号機は十二月四日ごろに原子炉を起動する予定。

(略)

西川知事は先に原子力安全・保安院や資源エネルギー庁、関電のトップからそれぞれ取り組み内容を確認。県の原子力安全専門委員会でも評価できるとの見解が得られたため、地元美浜町に意向も聞いた上で節目となる二基の再開了承を決めた。

岸田副社長に対して旭信昭県民生活部長は、国が高経年化研究を検討する委員会を新設することや、関電が本県に原子力事業本部を移転する点などを評価する― とした上で「品質や安全管理に万全を尽くしてほしい」と要請。岸田副社長は「高経年化したプラントでもあり、対策にあらためて取り組んでいく」と述べた。

全文は県が美浜1、2号再開了承 【2004年11月26日】

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Nuclear power may not be needed, says top atomic advocate via The Telegraph

Sir David King, former chief scientist and champion of the nuclear newbuild, says the top priority must be to develop storage for renewable energy, reports Geoffrey Lean

[...]

The occasion was a scintillating lecture by Prof Sir David King, the former government Chief scientist, put on by Ashden, the charity that runs the eponymous energy awards. That’s not an adjective I apply often to talks, but I was riveted as David ranged over subjects from population growth to water resources, the growth of cities to commodity prices, spewing out new information and insights.

But while he said a lot about the promise of renewable energy, he said almost nothing about nuclear power – despite for long having been one of its foremost and most influential advocates in Britain, describing it, for example, as a “massive economic opportunity” for the country.

So I got up and asked him about it, expecting the same pro-nuclear response as I had heard from him many times before. Instead he amazed me by suggesting that Britain “might well” be able to do without atomic power altogether, and that the real priority should be on developing ways of storing electricity so as to be able to depend on famously intermittent sun and wind.

“We have to keep reassessing the situation”, he said. “I believe that what we need, more than anything, is a surge of activity to develop energy storage capability …. Once we can do that technologically, why would we not just keep with renewables.”

[...]

In countries like Britain and Japan, with less space and sun, he added, “it was difficult to see that we’re going to reach a position where we don’t want nuclear energy”, and in that case he favoured the small “modular nuclear reactors” recently advocated by the former environment secretary, Owen Paterson. But later he came back to the question and corrected himself: “if we can get the costs down we might well manage our future basically on renewable energy and energy storage”.

Read more at Nuclear power may not be needed, says top atomic advocate 

Posted in *English.

Tagged with , , , .


福島市の学校プール周辺が「イチエフ免震重要棟前」より汚染されていた!via 週プレNEWS

(抜粋)

■前回の本誌記事に教育委員会が難クセつけてきた

『週刊プレイボーイ』本誌では8月11日号で福島市内の小中学校プールの放射能汚染問題を取り上げた。

福島市では原発事故翌年の2012年から小中学校のプール授業を再開。事前に除染を行ない空間線量は下げたものの、その後、プールサイドのコンク リート表面などが放射線管理区域並みに汚染されていることが発覚したのだ。しかし、表面汚染は文部科学省が定めた学校内の除染基準に含まれていないという ことで、福島市教育委員会は大した対策をとらないまま今夏もプール授業を行なった。

そこで週プレでは現場取材と併せて福島市の教育委員会を直撃し、その弁明と汚染の現状を詳しくリポート。すると掲載後、市教委の教育部長から本誌宛てに、記事の訂正を求める抗議文(申し入れ)が届いた。

そこには「記事には事実誤認があり、風評被害を含めた大きな影響をもたらし、さらには被災地の復興を阻害する」などと書かれていた。市教委は一体、どんな抗議をしてきたのか? 一例を挙げると、

「水道水の管理目標が、10ベクレル/kgなのに対して、その60倍の汚染(注:600ベクレル/kg)がプール水で確認された学校は2校」

記事中でこのように表現した部分がある。これは市の調査結果に基づいて書いたものだが、市教委はこう言ってきた。

「当時の飲料水のセシウムの暫定基準値は200ベクレル/kgであり(中略)現在の基準(注:10ベクレル/kg)に基づいて評価することは適正ではなく、『60倍の汚染』といたずらに危険性を煽(あお)る内容であり不適切です」

要は、600ベクレル/kgという数値を記録した汚染されたプール水に対して、「60倍というのは煽りすぎ。当時の基準は200ベクレルだったのだから汚染度合いは3倍と言うべき」とクレームをつけてきたのだ。

600ベクレル/kgという事実は否定しなかったので、プール水が汚染されていたことは市教委も認めている。つまり、彼らにとって大事なのは、600ベクレル/kgの水が絶対的に危険かどうかよりも、当時の基準値に照らし合わせて対応したので問題ない、ということらしい。

(略)

■渡利中学校プール脇でイチエフ内の施設より高い数値!

学校のプール施設へ入る許可は市教委から得られなかったため、プールサイドに最も近い場所を探して測定した。すると、すべての場所で前回調査よりも高い数値が出た。

最も放射性物質で汚染されていたのは、市内中央部の渡利(わたり)中学校。プールサイドから約5m離れた学校敷地外のコンクリート上で3100cpmを記録した。地上1mで記録したバックグラウンド値(周辺空間値)の315cpmと比べて10倍も高い。また、同じ場所の空間線量は毎時1.03μSvを記録した。

これはどの程度の汚染度なのか?

東京電力が昨年8月に、福島第一原発内にある免震重要棟前の表面汚染を測定したデータがある。それを見ると、入り口前の鉄塔(支柱)側面12ヵ所の最高値は3070cpmだ。つまり、原発事故が起きた現場敷地内より福島市の学校プール脇のほうが汚染されているのだ!

(略)

市内北部にある中野小学校も汚染度が高かった。プールサイドから20mほど離れたコンクリート上にホットスポットがあり、3度測定したがいずれも3000cpmを超えた。

福島市内の小中学校から26校を抽出して測定した結果、3000cpm台が2校、2000cpm台が3校あり、1000cpm以上の合計は12校に上った。ちなみに、放射線管理区域から物などを持ち出せる汚染限度は1000cpm。それ以上は放射能で汚れていると判断され、管理区域内に隔離される。

今回はプール敷地外で測定したデータなので、あくまで参考値にすぎない。だが、それでも12校の学校プールが、本来であれば一般人が立ち入れないほどに汚染されている可能性は十分あると言えるだろう。

全文は福島市の学校プール周辺が「イチエフ免震重要棟前」より汚染されていた!

関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


原発再稼働控え苦肉の策 作業員身元調査法制化見送り、運用は電力会社任せに via 産経ニュース

原子力規制庁が法制化を見送ることが明らかになった原発作業員の身元調査制度は、これまで外部からの攻撃に重点を置いてきた原発テロ対策において、 施設への出入りが自由な「内部脅威」を排除する有力な手段だ。法制化されれば実効性は強まるが、法制化にはさらなる時間がかかることも予想される。来年の 再稼働に間に合わせるためには、法制化の見送りは「苦肉の策」といえる。

内部脅威対策は、(1)施錠の多重化や監視カメラ設置など不正行 為を物理的に阻止する「物的防護」(2)IDカードでの管理や不審物持ち込み防止など「出入管理」(3)潜在的脅威者を事前に排除する「人的管理」-が柱 となる。身元調査は、このうち(3)に該当し、不正をさせない抑止力として期待されている。

(略)

法制化を見送り、自己申告制度にすることで運用は電力会社任せになる。電力会社には、負担が増すことや責任が押しつけられることを心配する声もあるが、再稼働を控えており、時間がかかる法制化を強く言い出しにくい状況がある。

電力会社幹部は「自己申告で受けた情報では裏付けがなく、制度に中身がなくなることが心配だ。何らかの形で国の関与が必要だ」と制度の実効性を懸念する。 その一方で「法制化にこだわるあまり再稼働が遅れるのも困る。自己申告制度導入でも内部脅威対策が一歩進んだことに間違いはなく、きちんとした運用で確認 を強化していきたい」と話している。

全文は原発再稼働控え苦肉の策 作業員身元調査法制化見送り、運用は電力会社任せに 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


The ultimate security blanket via The Economist

Almost three decades after the catastrophe that wrecked it, a proper tomb for reactor number four at the Chernobyl nuclear power plant is nearing completion

“YOU can take photos. But stay on the road. Don’t step onto the grass.” It is 28 years since the world’s worst nuclear accident, at the Chernobyl nuclear power plant in northern Ukraine, but visitors are still told to be careful. Though much of the plant (at which, even now, 3,000 people work) has been decontaminated, and the roads cleaned up, the surrounding forest has hotspots where fragments of debris and nuclear fuel, ejected by the explosion that destroyed reactor number four on April 26th 1986, emit dangerous radiation.

At the moment, the reactor’s remains are sealed in by a concrete and steel structure known officially as the Shelter Object and colloquially as the sarcophagus. This has done its job for nearly three decades, but there are doubts it can manage a fourth. Wind, rain, rust and time have taken their toll, and the radiation level within it makes maintenance near-impossible. Many fear it may collapse.

That is why visitors to Chernobyl these days will see a huge and growing building looming in front of reactor four’s remains. This is the New Safe Confinement (NSC; it has yet to attract a nickname). It is in essence, as the picture shows, a giant double-skinned stainless-steel Nissen hut, which will have flat walls at each end. It weighs 30,000 tonnes; is taller, at 110 metres, than the Statue of Liberty; and is 165 metres long and 260 metres broad. It is being built by Novarka, a French consortium, and its cost, €1.5 billion, is met by donations from dozens of countries, administered by the European Bank for Reconstruction and Development. It was scheduled for completion in 2005, but political foot-dragging and wrangling over who would pay have delayed its construction by more than a decade. When it is finished, though—probably in 2017—it will protect the sarcophagus from the ravages of the weather and ensure that, even if that older container does fall down, no radiation will escape. With luck, it will be able to do this for a century.

Posted in *English.

Tagged with , , .


川内原発:再稼働問題 公開討論実現せず 県、九電、規制庁不参加 実現する会、強い疑問投げかける /鹿児島 via 毎日新聞

九州電力川内原発の 再稼働を考える「公開討論会」が20日夜、鹿児島市中央町の市勤労者交流センターであった。「公開討論会を実現する会」が求めた県と九電、原子力規制庁の 3者は参加せず、公開討論会は実現しなかった。実現する会代表世話人の伊藤周平・鹿児島大法科大学院教授は「民主主義国家といえるのか」と強い疑問を投げ かけた。

約100人が参加。3者が出席を拒否したため、伊藤教授らが▽火山・地震▽避難計画▽福島県の現状−−などをテーマ別に問題提起し、会場からの質問に答えるという形を取った。脱原発を目指す民間シンクタンク「原子力市民委員会」メンバーも駆けつけた。

会場からは、伊藤祐一郎知事が7日の記者会見で、事故が起きても原発から5・5キロの放射線量は毎時5マイクロシーベルトとして「もう命の問題なんか発生しない」と述べたことに質問があった。

これに対して、市民委メンバーで元原子炉格納容器設計技術者の後藤政志さんは「事故というのは全て偶然。どれだけの量の放射性物質が出るという話は非科学的で話にならない」と指摘した。

避難計画について、「非常に不十分で命を軽視している」との意見が出ると、福島県から避難している西真紀子さんは「絶対に避難できないと言い切れる」と話した。

続きは川内原発:再稼働問題 公開討論実現せず 県、九電、規制庁不参加 実現する会、強い疑問投げかける /鹿児島

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


(被爆国から2014秋)悲惨さ 目をそらさないで via 朝日新聞デジタル

■俳優 大竹しのぶさん(57)

《目をそらさないでください》

32年前に公開されたドキュメンタリー映画で読んだナレーションの一部です。原爆が落とされた直後の広島や長崎の様子、傷ついた被爆者の方々の姿に胸が締めつけられました。

映画は「にんげんをかえせ」。ナレーションの終盤には詩もありました。

(略)

長女のIMALU(いまる、タレント・歌手、25歳)が中学2年生だった時。「にんげんをかえせ」が中学校の授業で上映されたのですが、先生が「ここから先は残酷になるから」と言い、中断されました。「知ることが大切なのでは?」。学校に行き、気持ちを伝えたことが今も忘れられません。

長崎の被爆医師の手記をもとにした映画「この子を残して」(1983年)では医師の義理の妹、原爆投下前日の人々を描いたテレビドラマ「明日」(88年)では妊婦を演じました。原爆にこだわった故・新藤兼人(かねと)監督と何度もお仕事をともにして、「戦争ほど愚かなことはない」という思いが体に染みつきました。

人類はずっと戦争をしてきたけど、「人殺しはいけない」とみんな分かっているはず。争いをやめよう。そう考えれば、問題は単純なのかもしれませんね。

大きな力に向かって反戦を叫ぶ人たちに「私もそう思います」くらいしか言えませんが、お芝居や音楽で勇気づけられたらな、と思います。原爆や戦争のことに目をそらさずに。(聞き手・花房吾早子)

全文は(被爆国から2014秋)悲惨さ 目をそらさないで 

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


Why I Am in Jail via EcoWatch (Reader Supported News)

By Sandra Steingraber

I have come to believe that a successful civil disobedience campaign likewise depends on the willingness of at least some of us to gladly accept jail time over other kinds of sentences, such as paying fines.

There are four reasons for this. First, it shows respect for the law. In my case, I was arrested for trespassing on the driveway of a Texas-based energy company that has the sole intention of turning the crumbling salt mines underneath the hillside into massive gas tanks for the highly-pressurized products of fracking: methane, propane and butane. (The part of the plan involving methane storage has already been approved by the Federal Energy Regulatory Commission). Even before the infrastructure for this gas storage is built, Crestwood Midstream has polluted the lake with salt, at levels that exceed its legal limits. Crestwood’s response is to pay a fine and keep polluting. By contrast, I refuse to pay a fine to excuse my crime and so accepted the lawful consequences of my actions.

Second, extending one’s civil disobedience testimony in jail shows seriousness of intent. Four of the 17 civil disobedients who have so far been arraigned as part of the We Are Seneca Lake campaign have chosen jail instead of fines: 75-year-old Dwain Wilder, a veteran of the Navy who was incarcerated for Veteran’s Day; 86-year-old Roland Micklem, a Quaker, who is now incarcerated in the Schuyler County Jail [Roland Micklem was released yesterday due to health concern]; 58-year-old Colleen Boland, a retired Air Force sergeant who served in the White House; and me (I’m a 55-year-old biologist and author).

Colleen occupies the cell next to mine. We talk through the wall. Colleen, Roland and I are on track to find out what they serve prisoners for Thanksgiving dinner.

By our willing separation from our families, by our sacrifice and consent to suffer, by our very absence, we are saying that we object in the strongest terms to the transformation of our beloved Finger Lakes community into a hub for fracking. We object to the occupation of our lakeshore by a Houston-based corporation that seeks to further build out fossil-fuel infrastructure in a time of climate emergency, and in so doing, imperils a source of drinking water for 100,000 people.

Third, by filling the jails with mothers, elders and veterans, we peacefully provoke a crisis that cannot be ignored by media or political leaders. Of course, civil disobedience is always a method of last recourse, deployed when all other methods of addressing a grievance have been exhausted. We have turned over all stones. We have submitted comments, written letters, offered testimony, filed Freedom of Information requests for secret documents—only to see our legitimate concerns brushed aside. Our incarceration shows that the regulatory system is broken. So far, in the Seneca Lake campaign, there have been 59 arrests, and a majority of those have yet to be sentenced. There will be more of us in jail before the year is out.

And the fourth reason is this: spending time in jail is a time of personal transformation. Alone with a pencil, some inmate request forms for stationery, the Bible and your own thoughts, you discover that you are braver than you knew. You are doing time, and time offers the possibility of rededicating oneself to the necessary work ahead: dismantling the fossil fuel industry in the last 20 years left to us, before the climate crisis spins into unfixable, unending calamity.

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , .