Skip to content


核燃料サイクル事業の是非が争点 六ケ所村長選 via デーリー東北新聞社(Yahoo Japan)

任期満了に伴う六ケ所村長選が17日告示され、いずれも無所属新人で同村の会社経営菊川慶子(65)、前副村長の無職戸田衛(67)、盛岡市の無職関千尋(50)、青森市のフリーター梅北陽子(61)の4氏が立候補を届け出た。投開票日は22日。
 選挙戦は、村内で展開される核燃料サイクル事業の是非が争点。事業推進を掲げる戸田候補に、他の3候補が反核燃を訴えて挑む構図となった。
 反核燃候補が複数出馬したのは初めてで、村選管によると、4人の立候補は資料が残る1967年以降で最多。

続きは 核燃料サイクル事業の是非が争点 六ケ所村長選

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.