Skip to content


私見:「クローズアップ現代」 首相官邸デモ「何かが変わりはじめた!」もうお上まかせにできないと全国波及 via J-Cast News

毎週金曜日、首相官邸をとりまくデモがもう4か月も続いている。集まる人たちはサラリーマン、子ども連れの主婦、お年寄り、学生…と実に雑多だ。訴えるのは「原発再稼働反対」「原発ゼロ」だが、思いは人それぞれだ。はじめは300人ほどだった。大飯原発再稼働を進める野田首相への抗議だ。6月8日(2012年)に首相が再稼働を決めると、翌週の15日に は1万人になった。以来、参加者は増え続け、主催者発表でいま10万人超。デモは大阪、名古屋、北海道など全国に及ぶ。これは社会の何を映しているのか。

(中略)

77歳の鈴木さん(仮名)はツイッターにも無縁の年金暮らしだ。「若い人や子連れの母親が来ているんだ。来ないと申しわけないでしょう」という。 これまで声を上げなかった自分たちの責任も感じるという。安保世代である。「(当時のデモは)危険だった。あれでは長続きしない」大学1年生の松田拓也さんは「ナマで見てみたい」と友人とやってきた。反原発もよくわからなかったが、同世代が声を上げているのを見て、それまでの無関心を恥じたという。

写真を撮っている女性がいた。激動のアジアを撮った大石芳野さんだ。撮りながら声をかけていた。「行かなければと思ったから来たと、あの真剣さはいままでなかった。だれかがやってくれると思っていたのが、自分がと思ったのだから真剣です」

全文は私見:「クローズアップ現代」 首相官邸デモ「何かが変わりはじめた!」もうお上まかせにできないと全国波及

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.