Skip to content


まさかの原子炉内部潜入? “6日間限定”だった映画『プリピャチ』が全国公開へ via ガジェット通信

昨年12月に、東京・神田の「アテネ・フランセ文化センター」で6日間限定上映された映画『プリピャチ』。ガジェット通信でも紹介記事を公開し、多 くの反響を得た本作が3月3日(土)より渋谷アップリンク、新宿武蔵野館で公開が開始。連日多くの観客が映画館に押し寄せています。『プリピャチ』は、チェルノブイリ原発事故から12年後の立ち入り制限区域を舞台に、原発周辺の立入制限区域で生きる人々を追った問題提起作。日本 でも大きな話題を呼んだ映画「いのちの食べ方」(2005年)のニコラウス・ゲイハルター監督がナレーションや音楽を拝し、モノクロの映像で記録していき ます。

昨年の限定上映の際に来日したゲイハルター監督は、高い線量の中での撮影について「撮影の前後で、ウィーンの放射能研究所でホール・ボディ・カウン ターを行ないました。3ヵ月の滞在で、オーストリア基準の年間許容量を超える放射線を浴びました。ただ、原発の現場作業員が、ずっと浴び続けていることを 考えると……」と話しています。

続きはまさかの原子炉内部潜入? “6日間限定”だった映画『プリピャチ』が全国公開へ

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.