Skip to content


女川原発に3回目立ち入り 宮城県と立地市町、トラブル続発で via 河北新報

2021年11月16日 11:09

東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)で7月に協力企業の作業員7人が硫化水素を吸い込んで中毒症状を起こした事故など一連のトラブルを巡り、宮城県と女川町、石巻市は15日、再発防止策を確認するため、東北電との原子力安全協定に基づく立ち入り調査を実施した。

 県によると調査は今年3回目。県の担当者ら計16人が1号機廃棄物処理建屋に入り、硫化水素の発生源となったタンク内のスラッジ(汚泥)の処理方法やガスの漏えい防止策を記した社内規定を確かめた。

 8月に白煙が発生した焼却炉建屋では、排気管内に堆積した焼却灰が原因になったことを踏まえ、定期的な清掃などを定めた管理手順を確認。ボルト類が落下した3号機使用済み核燃料プールについては落下物の回収スケジュールといった説明を受けた。

[…]

全文

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.