Skip to content


敦賀原発2号機 データ削除上書き 日本原電“5年前から” via NHK News Web

福井県の敦賀原子力発電所2号機について、日本原子力発電が過去に提出したデータを一部削除して上書きし、最新の調査結果のみを記載した対応が、原子力規制委員会から不適切だと指摘されている問題で、日本原電は、資料作成を始めた5年前から上書きを繰り返していたことを明らかにしました。

[…]

この中で「当時は文書と考え、修正して提示してもよいと認識していた」などと説明し、調査結果が新たに得られれば過去に示したデータを削除しても問題ないと判断し、資料作成を始めた平成28年以降、上書きを繰り返していたことを明らかにしました。

事務局の原子力規制庁からは「審査での日本原電の信頼性が上書きによって崩れた」「重要決定をしたという認識はあったのか」といった意見が相次ぎました。

日本原電の一連の対応は、来週、規制委員会の定例会合で議論される見通しです。

敦賀原発2号機をめぐっては、6年前、規制委員会の専門家会合で「原子炉の真下を通る断層が将来動く断層の可能性がある」と指摘され、日本原電が反論していますが、審議は平行線をたどっています。

全文

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


5 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. dkuhlman says

    しかし、福井県庁は、現在の放射線濃度が環境に脅威を与える可能性を否定しました。
    JAPCは、敦賀工場の2号機を手動で停止し、冷却シス bubble shooter テムをチェックし、放射線測定の頻度を週1回から1日1回に増やす予定です。

  2. برامج اونلاين says

    しかし、福井県庁は、現在の放射線濃度が環境に脅威を与える可能性を否定しました。
    JAPCは、敦賀工場の2号機を手動で停止し、冷却シス テムをチェックし、放射線測定の頻度を週1回から1日1回に増やす予定です。

  3. freeactivationkeys says

    Wonderful submit, very informative. I ponder why the opposite experts of this sector do not realize this.
    You should proceed your writing. I am sure,
    you have a great readers’ base already!
    tweakbit driver updater crack



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.