Skip to content


福島の記憶 「ありのままに」写真80点展示 川崎 via 神奈川新聞

 東日本大震災後の被災地の様子を伝える写真展「福島の記憶3・11で止まった町」が、5日から川崎市多摩区役所で開かれる。福島県三春町在住の写真家・飛田晋秀(ひだしんしゅう)さんが撮影した80点を展示。9日まで。入場無料。

 日本の職人の撮影を専門とするプロカメラマンだった飛田さん。原発事故後は、「事故を風化させない。状況をありのまま伝えよう」と各地で精力的に写真展や講演会を続けている。

(略)

主催は同区を中心に活動する市民団体「地域から平和を考える会」で、16日には核のごみ処理を考えるドキュメンタリー映画「チャルカ~未来を紡ぐ糸車~」の上映会を市アートセンター(同市麻生区)で開く。午前10時から(開場は同9時半)で入場料800円。

 問い合わせは、同会の森悦子さん電話080(6617)3997。

全文は福島の記憶 「ありのままに」写真80点展示 川崎

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.