宮城丸森町の災害ごみ受け入れ 倒木燃料化や焼却代行 via 神戸新聞

福島県相馬市と仙台市は5日、台風19号で甚大な被害が出た宮城県丸森町の災害廃棄物を受け入れると発表した。相馬市は倒木を引き取って木質バイオマス発電所の燃料へのリサイクルにつなげ、仙台市は約3千トンを焼却施設で処理する。

 丸森町は、今回発生する災害廃棄物を1万9千トンと推計。

 相馬市によると、隣接する丸森町の倒木を市内のバイオマス発電関連の事業所に運び洗浄や乾燥などを行い、最終的には岩手県花巻市の発電所に持ち込む計画。

[…]

全文

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

3 Responses to 宮城丸森町の災害ごみ受け入れ 倒木燃料化や焼却代行 via 神戸新聞

  1. nfield says:

    これは森林除染とバイオマス発電を組み合わせる「復興」事業の発想と似ているように思えて、放射性物質の新たな拡散を招くのではないだろうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published.