Skip to content


ウィーン芸術展、公認撤回 原発事故や政権批判を問題視かvia東京新聞

 【ウィーン共同】日本とオーストリア国交150年の記念事業として同国の首都ウィーンで日本の芸術家らの作品を展示していた「ジャパン・アンリミテッド」について、在オーストリア日本大使館は5日までに公認を取り消した。東京電力福島第1原発事故や安倍政権を批判的に扱った作品などが問題視されたとみられる。

 「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」に参加していたグループも出展。放射線防護服に日の丸の形に浮かんだ血が流れ落ちるようなオブジェや、安倍晋三首相に扮した人物が韓国、中国に謝罪する動画も展示されていた。昭和天皇を風刺する作品もあった。

原文

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

Continuing the Discussion

  1. Japan Embassy pulls backing for Vienna exhibition with works about Fukushima No. 1 and WWII via The Japan Times – linked to this post on 2019/11/06

    […] Related article: ウィーン芸術展、公認撤回 原発事故や政権批判を問題視かvia東京新聞 […]



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.