福島第1原発事故の後、米国沿岸部の放射性物資の量が上昇 via ロシアの声

オレゴン州立大学の調査によると、2011年に福島第1原子力発電所で事故が発生したあと、オレゴン州沖で捕獲されたビンナガマグロに含まれる放射性物質の量が3倍に増えた。

  学者たちは、ビンナガマグロに含まれるセシウムは深刻に懸念する量ではないとしているが、放射性物質の濃度が最も高い海水はまだ米国沿岸部に到達していないため、今後状況は悪化するとの見方を示している。

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.