Daily Archives: 2014/01/30

Scholar quits NHK over nuclear power hush-up via The Japan Times

A noted professor who regularly provides commentary on an NHK AM radio show has resigned from the program in protest over the public broadcaster’s demand that nuclear power not be discussed until after the Feb. 9 Tokyo gubernatorial election. Toru … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , , | 2 Comments

NHK、脱原発テーマに難色=大学教授がラジオ番組降板 via 時事ドットコム

NHKラジオ第1放送の番組に出演予定だった東洋大の中北徹教授(62)が「原発事故のリスクをゼロにできるのは原発を止めること」などと話す意向を事前 に伝えたところ、担当ディレクターから「東京都知事選の期間中はやめてほしい」と難色を示され、テーマの変更を求められていたことが30日、同教授への取 材で分かった。中北教授は同日朝の出演を拒否し、番組を降板したという。 番組は午前5~8時の「ラジオあさいちばん」。中北教授は「ビジネス展望」のコーナーでコメントする予定だった。 中北教授によると、29日午後にシナリオを作成しディレクターに送付。原発の稼働コストが上昇し、石炭や石油による発電コストと差が縮小しているほか、事故の発生確率を減らしても、1件当たりの損害額が巨額になる点を経済学者の観点から話すと伝えた。 これに対し、ディレクターは「有権者の投票行動に影響を与える」「(脱原発は)選挙が終わってから扱ってほしい」などと答え、テーマのさしかえを求めてきたという。中北教授は「特定の立場に立っていない」と主張したが、受け入れられなかったとしている。 中北教授は「長年出演してきたが、こんなことを言われたのは初めてだ」と話している。 続きはNHK、脱原発テーマに難色=大学教授がラジオ番組降板

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , , , , , | 1 Comment

A Japanese Director Takes on the ‘Nuclear Lobby’ via nuclear news

SCRIPT: This Japanese film almost never saw the light of day. “The House of the Rising Sun” tells the story of a family torn apart by a nuclear disaster. A subject so sensitive in Japan that the director found it … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , , | 3 Comments

Nuclear reactor in S. Korea halts operation via CCTV

SEOUL, Jan. 29 (Xinhua) — One nuclear reactor in South Korea halted operation Wednesday morning due to estimated slight glitches. “The Reactor Unit 5 at the Hanul nuclear power plant stopped operation at around 4:17 a.m. as the automatic stop … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , | 4 Comments

韓国、ハヌリ原発が自動停止 via The Voice of Russia

   韓国で29日早朝、慶尚北道東北部の蔚珍郡(ウルチンぐん)にあるハヌリ原発で第4号原子炉が自動停止した。自動停止の前に同原子炉のシステムは故障シグナルを発していた。 国営韓国水力原子力社(Korea Hydro & Nuclear Power, KHNP)の公式報道官は、現在、原子炉は安定した状態にあり、停止の正確な原因究明が行われていることを明らかにしている。 続きは韓国、ハヌリ原発が自動停止

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

福島住民ら原発メーカー3社提訴 「製造者として責任」via 東京新聞

 福島第1原発の1~4号機に欠陥があることを知りながら放置したとして、福島県の住民ら約1400人が東芝、日立、米ゼネラル・エレクトリック(GE)の3社に原告1人当たり100円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。 (略) 原告側は訴状で「損害賠償請求を認めない規定は財産権を保障する憲法に違反している」と主張している。 原告団は世界各国に賛同者を募り、日本人約千人と韓国など32カ国の外国人約400人が原告となった。 全文は福島住民ら原発メーカー3社提訴 「製造者として責任」

Posted in *日本語 | Tagged , , , , | 1 Comment

米が原爆影響報告書を公開 via 長崎新聞

原爆投下直後の長崎、広島で、原爆の人体影響などを日米合同で調査した6冊の英文報告書「原子爆弾の医学的影響」が27日までにインターネット上で公開された。 (略) 報告書は、広島の放射線影響研究所のほか、複写が長崎原爆資料館にある。長瀧氏によると、原爆投下から間もなく日 本の研究者が調べたデータや、合同調査などで構成。日米で約180人の医師らが関わった。長瀧氏は「原爆直後の状況を科学的に最も詳しく書いた報告書。多 くの人に読んでほしい」と話している。 日赤長崎原爆病院の朝長万左男院長(70)によると、報告書は1部が爆発のエネルギーや残留放射能、2部が調査方法や臨床的観察、3部が血液学関係、4 部は解剖例、5部は統計解析、6部は原爆前後の人口や、爆心地からの距離、遮蔽(しゃへい)物など条件による死亡率の違い-など。広島の爆心地から4キロ 以内の子どもらについて距離別の死亡率などから殺傷能力を分析した内容もある。 朝長氏は「原爆開発の米国のマンハッタン計画は事前に医学調査、物理調査まで全部予定していた」と指摘。報告書公開について「多くの研究者がアプローチできる一級資料。(会長を務める)長崎市原子爆弾放射線影響研究会でも検証する」と話した。 全文は米が原爆影響報告書を公開 当サイト既出関連記事:原爆の人体影響報告書を米が公開 投下直後の広島、長崎調査 via 琉球新報

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment