Daily Archives: 2013/06/30

安倍総理への訂正と謝罪の要求 via Blogos

菅直人 (抜粋) 安倍氏は、今回は反論だが、これまで一方的に批判する時にネットを使ってきた。その典型が福島原発事故から70日後の2011年5月20日の安倍氏 のブログだ。安倍氏は、1号機に対する海水注入について次のように自らのブログで発信。「やっと始まった海水注入を止めたのは、なんと菅総理その人だった のです。菅総理は間違った判断と嘘について国民に謝罪し直ちに辞任すべきです。」そしてこのことが6月2日の内閣不信任の理由にもされた。 しかし私は海水注水注入を止めたことはないし、実際止まってはいなかったことが判明。つまり、注水を停止させようとしたのは東電の武黒フェローで、 吉田所長は海水注水は必要と武黒氏の指示を無視して注水を続けていたことが東電自身の調査や各種調査報告によって明らかになっている。 当時総理経験者の安倍氏が「嘘」の情報で総理の辞任まで求めたこのブログに対して、私は私自身のブログで何度か安倍氏に訂正と謝罪を求めたが今日ま で何の反応もない。この私のブログに対して反論があるならばぜひ聞きたい。間違っていたと認めるのなら潔く訂正し、私に謝罪すべきだ。 全文は安倍総理への訂正と謝罪の要求

Posted in *日本語 | Tagged , , , , | 1 Comment

These 3 States Love Nuclear via The Motley Fool

[…] The top three nuclear states The state with by far the most nuclear capacity is Illinois with 11.5 GW out of 43.8 GW of capacity, or 26% of the power available in the state. The area around Chicago is … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , , , | 1 Comment

LDP alone in fighting nuclear power exit via The Japan Times

OSAKA – The ruling Liberal Democratic Party was the sole opponent of abolishing nuclear power in a policy debate involving the secretaries-general of nine major political parties Saturday. While the representatives of the eight other parties backed ridding Japan of … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | 1 Comment

改めて「医療被曝」を考える!オーストラリアの大規模集団調査は他人事では無い!via 世の中の不思議をHard Thinkします

今回は、久しぶりに医療被曝について書いてみたいと思います。   <参考>文科省「放射線審議会」は原発利権に塗れていた証拠と、医療被曝のリスクを考える   以前、簡単に触れましたが、以下のグラフは「先進国の中で日本は最も医療被曝が多く、それが原因で癌の発症が4.4%も高い」という事実を示したものです。 (略) このデータは、2004年、LANCET誌という医学会では最高ランクの権威ある雑誌に掲載された論文を元にしております。 当然ではありますが、日本の医学会においてもこのLANCET論文は極めて大きなインパクトを与えたようで、以下のサイトより、医学者達の葛藤が垣間見えます。 <放射線医学総合研究所医学物理部 飯沼 武>「医療被曝による発癌問題」の波紋−医学物理士の視点から−  ※ 既にJCRのサイトからは削除されてしまっているため、キャッシュ・サーバのデータを紹介しております。 上記の文章を出稿した医学者は以下の論点で、2004年のLANCET論文に対して疑問を呈しております。 ① ICRPの1990年勧告を論拠にすると低線量被曝の影響は少ない筈  → データによる事実よりも「権威」を優先している。    20年以上前の知見を盾に、一切「現実」を認めようとしていない。 ② ホルミシス効果を始めとする「被曝安全論(健康論)」もある  → 被曝が安全だと言う医学者も居る事を理由に論文を否定。    所詮、放射線医療の利権に関わる医学者の私見に過ぎない。 ③ CTによるプロフィットを計算に入れていない  → CTで癌を発見して治った人も居るのだからCTで癌が発症した人が居たとしても仕方が無いという暴論。 最終的には、上記を述べながらも、「医療被曝は減らしていくべきでは無いか」と現状の日本の過度な放射線医療(上限値無しの医療被曝)に対する疑問も述べております。 ここで、最新の医療被曝に関する論文を紹介したいと思います。 <BMJ 5/22>Cancer risk in 680 000 people exposed to computed … Continue reading

Posted in *日本語 | Tagged , , , , | 2 Comments

発熱…増える汚染水 燃料取り出し 廃炉へ遠い道のり via msn.産経ニュース

 単独取材が許された福島第1原発では、4号機の建屋カバーの建設が進むなど、廃炉に向けた作業が目に見える形で進んでいた。ただ、トラブルも相変わらず発生しており、30年以上ともされる廃炉への道のりの遠さも見せつけた。 内部は薄暗く 「燃料取り出し用のカバーです」。担当者の案内で、4号機原子炉建屋カバーの内部に入った。 カバーといっても、厚さ約3メートルの鉄骨で組まれた建造物で原子炉の約半分を覆っている。高さは約53メートルもある。巨大なクレーンを鉄骨に設置し、 燃料を冷やしたままつり上げて搬出するため、これだけの施設が必要となる。現在は外壁のパネルを張る作業が行われていた。 4号機は3号機で発生した水素が配管などを通じて建屋内に入り水素爆発したとされている。原子炉には燃料はないが、燃料貯蔵プールには事故のあった4基で最多の1533体の燃料が保管されている。 プール階下の壁の一部は水素爆発により吹き飛んでおり、プール崩壊の危険性を指摘する声も根強い。東電も4号機からの燃料取り出しを最優先課題の一つとしている。 燃料は今でも崩壊熱が発生している。このため燃料はつねに水で冷やし続ける必要がある。専用の容器に水と一緒に燃料を入れ、カバーに設置されたクレーンでプールから引き上げ、地上まで下ろすことになる。 (略) 地下水も危険 ただし、懸念もある。その最たるものは増え続ける汚染水の問題だ。汚染水は地下水が原子炉建屋に入り込むことで毎日400トンずつ増えている。 汚染水の増加をくい止めるため、建屋に入る前の地下水をくみ上げたり、建屋の周囲の土壌を凍らせたりして地下水の流入を防ぐ計画も予定されているが、いずれも効果は未知数だ。 最近最も懸念されているのが、2号機の海側の観測用井戸から見つかった地下水の汚染だ。 全文は発熱…増える汚染水 燃料取り出し 廃炉へ遠い道のり

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , , , | 1 Comment

自民以外「原発ゼロ」…与野党9党幹事長討論会 via Yomiuri online

 与野党9党の幹事長らによる討論会(関西プレスクラブ主催)が29日、大阪市内で行われ、参院選(7月4日公示、21日投開票)の主要な争点となる憲法改正、原子力政策、経済・景気対策などを巡り、論戦が交わされた。 憲法改正の発議要件を定めた96条の先行改正では、自民党と日本維新の会が賛成の立場を示し、他の党は反対。原子力政策では、自民党以外の8党が「原発ゼロ」を目標とする考えを示した。安倍政権の経済政策「アベノミクス」に対しては、与野党で賛否がくっきりと分かれた。 (略) 「原発ゼロ」を目指すことの是非では、自民党は反対したが、それ以外の8党は賛成した。民主党は昨年の衆院選公約に続き、参院選公約でも 「2030年代の原発稼働ゼロ」を記しており、同党の細野氏は、安倍首相が原発の輸出に前向きに取り組んでいることについて、「福島(第一原発)の問題を 抱えている中で、首相を筆頭に、積極的に推進することには違和感がある」と疑問を呈した。 唯一、「原発ゼロ」に反対した石破氏は「原発依存度は下げるが、単に減らすだけでは経済の活力が出ない。(原発の)ウエートを落とすために、どう経済に力を持たせるかを説明しないと無責任だ」と反論し、経済成長を下支えするためにも原発は必要との考えを示した。 全文は自民以外「原発ゼロ」…与野党9党幹事長討論会

Posted in *日本語 | Tagged , , , | 1 Comment