児童養護施設で除染作業の手伝いを行いましたvia SVCF (福島原発行動隊)通信

【自首活動報告】

5月11日(土)、福島郊外の児童養護施設「福島愛育園」(齋藤久夫園長)で除せ印差魚を行いました。[…]
すでに公的除染を受けていた施設ですが、除染漏れないし除染後に高線量に戻ってしまった地点があり、児童達は屋外に出ることを厳しく制限されています。[…]
愛育園側が行っていた園内のモニタリングで、地表面で2μSv/h(マイクロシーベルト)以上の「ホットスポット」が12地点あり、場所によっては34.8μSv/hというとてつもない高線量が記録されている地点もありました。[…]

全文を読む。

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.