Skip to content


滞留水問題の「いま」と「これから」via SVCF(福島原発行動隊)通信

原発ウォッチャーグループ
滞留水の基本的な役割は原子炉内の溶融燃料デブリの冷却です。[...]

平成28年度中にはタンクの容量を80万トンにする必要があるとされています。大量に貯留するために地下貯留槽7面が建設されましたが、4月に漏洩事故をお越し(原因不明)、使用を停止し地上タンクに移送されています。[...]

汚染水から取り除いたセシウムやストロンチウムを含む吸着剤は容器に入れ、敷地南側の専用エリアで遮蔽保管されています。が、無害化には数百〜千年オーダーの保管が必要で、容器の交換や貯蔵場所の確定など、滞留水に関連した長期課題といえます。[...]

全文を読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.