Skip to content


福島の畜産農協連が解散 原発事故で運営困難 via msn.産経ニュース

(抜粋)

県畜産農協連は昭和40年に設立。傘下に四つの畜産専門農協があり、年間約3千頭の子牛を出荷し、県内出荷頭数の約3割弱を占める。農家の高齢化 や廃業が進み、出荷頭数が減り続けていた中、原発事故が発生。子牛の価格が暴落し、運営していた石川家畜市場(石川町)も今年3月で閉鎖した。

四つのうち三つの農協は、地域のJAへの業務移管や合併により解散。せりは県家畜市場(本宮市)で続けられる。

双葉畜産農協は本来の業務は停止し、東電に損害賠償を請求する組織として存続する。

全文は福島の畜産農協連が解散 原発事故で運営困難

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.